SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

日本企業にもクラウド時代の確実な到来 - 「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2011」受賞企業に訊く


日本マイクロソフトは毎年秋、同社のパートナー支援プログラム「マイクロソフト パートナーネットワーク」の参加企業約1,100社を対象に、革新的なソリューションの提供や実績をもつパートナーを表彰する「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」を授与している。パートナー企業にとってはマイクロソフト製品に対する技術力の高さや販売実績の豊富さをアピールできる絶好の機会でもある。

 9月9日、東京で開催されたマイクロソフトのパートナーコンファレンス2011年度の受賞企業が発表された。パートナー企業のコンピテンシー(得意分野、専門性)に基づいたコンピテンシーアワードに26部門24社、特定部門におけるアワードに5部門5社がそれぞれ受賞を果たしている。今年はやはり、マイクロソフトがクラウドに全社をあげて力を入れていることもあり、クラウドサービスにまつわる企業の受賞が目立った。

 今回、コンピテンシーアワードの「Midmarket Solution Provider(中堅企業向けソリューションプロバイダー)」部門で受賞したティーケーネットサービスの代表取締役 武田勇人氏、そして特定部門の「Windows Azure プラットフォーム パートナー アワード」を受賞したシステムコンサルタントの常務取締役 小谷達人氏、同社第一営業部 クラウドシステムインテグレートサービス担当マネージャー 坪田竜一氏にお話を伺う機会を得たので、これを紹介したい。

Windows Intuneの機能をフルに引き出すソリューションで地方のSMBを支援する - ティーケーネットサービス

ティーケーネットサービス 代表取締役 武田勇人氏
ティーケーネットサービス 
代表取締役 武田勇人氏

 ティーケーネットサービスは新潟県新潟市に本社を置き、新潟市を中心とする北陸の中堅企業をターゲットにITサービスを提供する企業だ。全社員がMCSE、MCITP、MCDBAなどのマイクロソフト認定技術資格の最上位資格のホルダーであり、マイクロソフトの最新テクノロジを活用したシステム構築にかけては定評がある。

 今回、同社が受賞したアワードは、その名の通り「中堅企業を支援する最新のテクノロジとITソリューションの知識を用いて、優れたソリューションを構築」(日本マイクロソフト)したパートナーに対して贈られるもの。

 同社は昨年、コンピテンシーアワードの「Business Intelligence」部門でも受賞しており、2年連速でパートナー オブ ザ イヤーに輝いたことになる。なお、武田氏は前職でも受賞経験があり、個人で通算すると3度目の受賞となる。

 受賞理由は「中堅企業に対して、Windows Intune、Windows 7、Windows Server 2008 R2、System Centerを活用した、パブリッククラウドとプライベートクラウドのハイブリッドなデスクトップ管理サービスを提供」(日本マイクロソフト)した実績を評価されたことによる。ここで注目したいのがWindows Intuneを使ったサービスであるという点だ。

 クラウド上でPCの安全な管理を可能にするWindows Intuneは、管理者がどこにいても、また、管理対象のPCがどこにあろうともかまわない。オフィスのデスクトップも、在宅社員のノートPCも等しく一元管理できる。アップデート管理やマルウェア対策などは、個々のマシンで対応にばらつきが出やすいものだが、ハードがどこにあってもインターネットにさえつながっていれば一斉に行うことも可能だ。

 Windows Intuneは今年3月にマイクロソフトが全世界でほぼ同時に提供を開始したサービスだが、日本では東日本大震災のタイミングと重なってしまい、サービス提供が4月にずれ込んだという経緯がある。このため、Office 365やDynamics CRM Onlineと並ぶマイクロソフトのクラウドオファリングメニューでありながら、国内での知名度は今ひとつだった点は否めない。だが武田氏によれば、最近ではBCP(事業継続計画)に対する興味/関心が中堅企業の間でも高く、とくにリモートワークの必要性を実感している企業が震災以来、確実に増えているという。

 「震災以前からリモートアクセスには取り組んできたが、震災後はBCPへのフォーカスが大きく前進したことを肌で実感している」(武田氏)

 そこでティーケーネットサービスはWindows Intuneがもつ標準機能/付加機能をフルに引き出した「PC管理プレミアムサポート with Windows Intune」の提供を開始した。「Windows Intuneに搭載されている機能は本来、多くの企業が欲しがっていたもの。

 Windows Intuneの存在を知らなくても、まずは見てもらえれば、必ず良さを体感できる」と武田氏は自信を見せる。すでに導入済みの企業も数社あり、現在も10社ほどから導入の打診を受けている同サービスだが、同社では「年度内に50社程度の導入をめざしたい」としている。

PC管理プレミアムサポート with Windows Intune
PC管理プレミアムサポート with Windows Intune

 「ITでやりたいことがたくさんあるのに、コストを理由に断念している企業の夢を叶えたい」と武田氏。来年度もアワードの受賞を目指し、地方の中堅企業のIT化をマイクロソフトともに支援していく。

次のページ
Azureで実現した大規模ECサイト"ムビチケ"の衝撃 - システムコンサルタント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュース...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3478 2011/09/26 15:14

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング