SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

gからcへと進化したOracle Enterprise Manager/クラウド時代には統合管理ツールがITの主役になるかもしれない


2011年11月10日、日本オラクルはOracle DBA & Developer Days 2011と併催する形で、最新版となるOracle Enterprise Manager(EM) 12cのラウンチイベント「Oracle Enterprise Manager Forum」を開催した。基調講演のステージに登壇したオラクル・コーポレーション バイスプレジデント Applications and Systems Managementのレン・タン氏は、「クラウドコンピューティングでは、ビジネスユーザーにある程度の権限を与えることになります。そのような状況下であっても、IT管理者はシステムを的確にコントロールしていかなければなりません」と言う。

Oracle Enterprise Managerはgからcへと進化した

オラクル・コーポレーション バイスプレジデント Applications and Systems Managementのレン・タン氏
オラクル・コーポレーション
バイスプレジデント  レン・タン氏

 2011年11月10日、日本オラクルはOracle DBA & Developer Days 2011と併催する形で、最新版となるOracle Enterprise Manager(EM) 12cのラウンチイベント「Oracle Enterprise Manager Forum」を開催した。

 基調講演のステージに登壇したオラクル・コーポレーション バイスプレジデント Applications and Systems Managementのレン・タン氏は、「クラウドコンピューティングでは、ビジネスユーザーにある程度の権限を与えることになります。そのような状況下であっても、IT管理者はシステムを的確にコントロールしていかなければなりません」と語る。

 クラウドのサービスではセルフサービスの形でユーザーがリソースを要求し、配布されて利用することになる。そうなるとシステムがどのように使われるのか、すべてをIT管理者が事前に把握することは難しくなる。そのような状況下にあっても、システムを安定的に運用し、ユーザーが性能面などでも不自由なく利用できるようにしなければならないというわけだ。

 この難しいコントロールの実現をサポートするのが、最新版の統合管理ツールであるEM 12cだ。本格的にクラウドに対応したことで、11gで提供していたグリッド・コントロールはクラウド・コントロールと呼ばれるようになり、クラウド環境をライフサイクルで管理できる機能も新たに追加された。その結果、バージョン表記もgridの"g"から、cloudの”c”へと変化したのだ。

 たんにクラウド環境の管理と言っても、対象となる項目は多岐にわたる。クラウド環境を構築するためのサポートもあれば、できあがったクラウド環境を効率的に監視、管理する機能もある。さらには、クラウドコンピューティングのリソースを利用した量に応じ、利用者に対し課金を行う機能も必要だ。これらすべてを網羅するのが、EM 12cということになる。

次のページ
EM 12cではクラウド環境をトータルで管理する機能が充実

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3593 2012/02/10 18:17

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング