SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

性能劣化なんか起こさない!安全アップグレード教室

新しいチューニング方法を試してみよう

第5回

最初の2回で、最適な実行計画を作成するためには、どのような情報を「与える」必要があるか、ということを説明しました。次の2回では、どのような性能試験を実施すれば、アップグレードをきっかけに性能が劣化した処理を確認することができるか、ということを説明しました。最終回の今回は、性能が劣化したSQLを効率良くチューニングする、新しいチューニング方法をお伝えします。

新しいチューニング方法とは?

 性能試験をしてみたら、性能が劣化したSQLがあった!

 そんな時、皆さんはどのようにチューニングを行なっていますか?

 アップグレード前は、NESTED LOOPで動いていたのに、アップグレード後は、HASH JOINで動いているから、ヒント句で固めてみようかな…

 というように、ヒント句を埋め込むことにより、チューニングをしている人が多いと思います。

 しかし、数十個の表を結合しているような複雑なSQL文では、実行計画のステップ数が数百にも及ぶため、ヒント句をつけて試行錯誤してみても、なかなかアップグレード前の実行計画に戻せない!ということもあると思います。

 そのような時は、Oracle Database 11gR1 から登場した、SQL Plan Management(SPM)を使用することをお勧めします。

 SPMとは、オプティマイザが作成したSQL文の実行計画を内部的なヒント句として登録し、管理することが出来る機能です。

 SPMを使用することで、アップグレード前の実行計画を、新しい環境でも使用するように設定することが可能になります。

次のページ
SPMの仕組みを知ろう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
性能劣化なんか起こさない!安全アップグレード教室連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大村奈緒(オオムラナオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4547 2013/02/19 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング