SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

性能劣化なんか起こさない!安全アップグレード教室

アップグレード時にこのテストは実施しよう

第3回

前回までは、最適な実行計画を作成するためには、どのような情報を「与える」必要があるか、ということを説明してきました。しかし、適切な情報を与えても、最適な実行計画が作成されないSQLも一部あります。そのため、リリース前に性能試験を必ず行い、アップグレードをきっかけに、性能が劣化する処理はないか確認する必要があります。今回と次回で、アップグレード時に実施して頂きたい試験と、適切な性能試験をするための秘訣をお伝えします。

アップグレードを行う時は、このテストを実施しよう

 アップグレードを行う時は、テストを実施していますか?と聞くと、実施しているとお答え頂くと思います。

 では、アップグレードを行う時は、十分なテストを実施していますか?と聞かれても、実施していると答えられますか?

 そもそも、どのようなテストを行えば、十分なテストを行ったと言えるのかわからない!という悩みを持っている方も多いと思います。

 そこで、アップグレードを行う時に、行うと良いOracle データベースに関するテストをご紹介します。

 このように、アップグレードを行う時は、「アップグレードテスト」「システムテスト」「性能試験」の3つの観点の試験を全て実施すると安全性が高まります。

 その中でも、「性能試験」は、どのようなシナリオでテストを実施すれば、十分なテストをしたと言えるの?と疑問を持っている方も多いと思いますので、正しい性能試験をするための秘訣をお伝えします。

次のページ
性能試験のシナリオを考えよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
性能劣化なんか起こさない!安全アップグレード教室連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大村奈緒(オオムラナオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4338 2012/11/13 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング