SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

EMCから革新的ミッドレンジ・ストレージが登場、これでぶっちぎりのシェアNo1だ

「ストレージは可用性が高いハイエンドのものから、ミッドレンジのものへと顧客の関心は移っています」―EMCジャパン マーケティング本部 本部長の上原 宏氏は、メインフレームがUNIXに、クライアント・サーバーシステムがクラウドとモバイルへと変化したように、ストレージの世界でも大きな変革が起こっていると指摘する。引き続き、高可用性、高性能なハイエンドストレージを必要とする領域はあるが、クラウド事業者やデータセンター事業者らは、使いやすいミッドレンジのストレージに関心があるとのこと。そんなミッドレンジのモデルとして、EMCは「革新的なストレージ」を今回投入すると言う。それが新たなVNXシリーズだ。

最大110万IOPSを発揮しOracleやSQL ServerのOLTP性能も4倍に

上原氏
上原宏氏

 ミッドレンジの価格帯のストレージ市場は、年率で10%近くの成長があり、ユニファイドストレージは39%、ファイルストレージでは42%もの成長率となっている。これら成長率の高い市場をターゲットに、ミッドレンジ・ストレージとしては極めて高性能な製品を、今回EMCは投入するのだという。

 そんな新たなVNXシリーズの特長の1つが、Flashストレージの活用。昨年来、EMCでは「Flash Everywhere」というスローガンのもと、あらゆるところでフラッシュストレージを活用できるようにしてきた。今回はそれをさらに1歩進め「Flash Fast」、つまりはFlashを中心に考えた製品を提供する。

 もう1つの特長が、マルチコア最適化テクノロジー「MCx」。「これは、まさに名前のままのテクノロジーです。この機能からもたらされる性能の向上は著しく、効率的で可用性も高めるものです」と上原氏。このFlashストレージの活用とMCxにより、NFSのパフォーマンスとレスポンス・タイムの評価となるSPECsfs2008_nfsでは、580,796IOPSを発揮。従来のVNXシリーズよりも70%のレスポンスタイムの高速化を実現しており、トランザクション性能も110万IOPSに達した。

 上記の数字はストレージ単体の性能向上を表すものだが、この新しいVNXシリーズを実際のシステムで利用することでも、旧製品に比べファイルサーバー性能で約4倍、OracleやSQL ServerのOLTP性能も4倍のとなる。さらに、仮想サーバーに搭載できるバーチャルマシンの数も、旧製品の6倍となると上原氏は説明する。

次のページ
今回の最大の技術革新はMCx

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5126 2013/09/13 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング