SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

ビッグデータ活用を「より簡単、より迅速に」-日本IBM、Hadoopアプライアンス提供開始

 

 日本IBMは10月15日、垂直統合型システムPureData Systemのラインアップを拡充し、Hadoop基盤を搭載した「IBM PureData System for Hadoop H1001」と、ビッグデータ分析のエントリーモデル「IBM PureData System for Analytics N2002-002」の2つのアプライアンスモデルを新たに追加すると発表した。出荷開始は18日から。

垂直統合型システムPureData Systemのラインアップを拡充

 PureData Systemには、高速データ入出力処理向け(トランザクション処理向け)の「IBM PureData System for Transaction」、大容量データの高速分析処理向け(DWH向け)の「IBM PureData System for Analytics」、業務データの即時的な分析処理向け(オペレーショナルデータ分析向け)の「IBM PureData System for Operational Analytics」がある。

 日本IBM ソフトウェア事業担当専務取締役執行役員 ヴィヴェック・マハジャン氏
日本IBM ソフトウェア事業担当専務取締役執行役員 
ヴィヴェック・マハジャン氏

 発表に際し、ソフトウェア事業担当専務取締役執行役員のヴィヴェック・マハジャン氏は「IBMのビッグデータプラットフォームはすでに国内で130社以上の導入実績がある。どのベンダーよりも多くの実績があると自負している。今回のラインアップの追加で、より簡単により迅速にビッグデータを活用できるようにする」と新製品投入の意図を紹介した。

 ソフトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部事業部長の望月敬介氏は、新製品が求められる背景として、「2013年に入りビッグデータに関するソリューション導入が本格化し、ビッグデータ分析に対するニーズも多様化している。導入が容易で構築や運用の負荷が少ないアプライアンス製品を求める声を多くいただいていた」と説明した。

 特にHadoopシステムの構築は思ったよりも高負荷で導入に時間がかかることから、アプライアンスに対するニーズは強かったという。たとえば、Hadoopを導入した企業は、サイジングや機器選定、それらをどう組み合わせればよいかといったことで苦労しているという。また、問題発生時には自力で解決しなければならないことも課題だった。

 日本IBM フトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部事業部長 望月敬介氏
日本IBM ソフトウェア事業
インフォメーション・マネジメント事業部 
事業部長 望月敬介氏

 「アプライアンスにすることで、ベストプラクティスに基づいた構成を採用でき、問題発生時には、IBMの一貫したサポートを受けることができる。ビッグデータの分析に対するユーザーの多様なニーズ、クイックな始動に対応する」(望月氏)

 PureData System for Hadoopは、IBMのHadoop拡張版であるIBM InfoSphere BigInsightsと事前定義済みのハードウェアをセットにし、Hadoopの初期導入や構成やサポートなどを行いやすくしたHadoopアプライアンス。合計18台のデータノード、216個のCPU、40ギガビットイーサネットなどで構成される。データノードの内蔵ディスクはHDFSでフォーマットされ、データを圧縮して格納することで、約1PBの容量まで対応できる。数日で初期設定を完了し、Hadoop環境での分析が可能になるという。

 特徴的な機能としては、Hadoop上でANSI準拠のSQLを利用できるようにするBigSQL、Hadoopのデータを手軽に分析できるようにするスプレッドシート機能のBigSheets、ハードウェアをビジュアル化してディスクやコンポーネントの障害などを統合管理できるWeb管理コンソール機能などがある。いずれも、IBM BigInsightsで提供される機能だ。

 一方、エントリー向けのPureData System for Analyticsは、ハイパフォーマンス向けのPureData System for Analyticsと同様、FPGA(Field-Programmable Gate Array)による並列処理を特徴として持たせながら、分散処理するためのブレード数を2つにとどめた製品。CPUは32コアで、ディスク搭載本数は48、総ディスク容量は最大8TB(圧縮後32TB)となる。FPGAによる並列処理は、ディスクに格納された圧縮データをFPGAを使って解凍し、最終的なアウトプットに必要なデータだけをメモリに展開してCPUに処理させることで、高速処理を実現する技術だ。

 2つの新製品間でのデータ連携も可能になっている。Optim EasyArchiveと呼ばれるPureData System for Hadoopに備わるGUIのデータインポート/エクスポート機能を使って、PureData System for Analyticsからデータをインポート/エクスポートできる。PureData System for Hadoopにインポートしたデータに対し、PureData System for AnalyticsからSQLを発行するなど、両方のデータへのアクセスができる。コマンドでの実行も可能だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤公二(サイトウコウジ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5249 2013/10/15 17:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング