SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

マイクロソフト古賀啓一郎の「今月のケースファイル」

メモリリークの怪


 社内のメーリングリストに「SQL Serverプロセスがメモリリークしていて、調査を助けてほしい。」というメールがとんできました。よく読んでみると、どうやら、過去に私が担当したことのあるお客様の環境のようです。

 案件の概要

 社内のメーリングリストに「SQL Serverプロセスがメモリリークしていて、調査を助けてほしい。」というメールがとんできました。よく読んでみると、どうやら、過去に私が担当したことのあるお客様の環境のようです。私がお手伝いしたのはSQL Server 2000からSQL Server 2005へのアップグレードプロジェクトでしたが、つい数カ月前にその環境をSQL Server 2012へアップグレードしたとのこと。そして、最近になってSQL Serverプロセスのメモリ - private bytes - が右肩上がりに増えていることに気がついたらしいのです。

private bytesが右肩上がりに増えるということは…

 さて、SQL Server プロセスのprivate bytesが右肩上がりに増えると、なぜSQL Serverがリークしているということになるのでしょう?お客様は、SQL Serverのサービスアカウントにlock pages in memory特権を与えて、AWEモデル*1を使用していましたが、working setを見てもAWEのようなnonpageable memoryはカウントされないからでしょうか?でも、working setとprivate bytesは別物です。

 *1 SQL Serverのメモリモデルは、Conventional (既定), AWE, Large Pageの3つがあります。

 実は、「private bytesが右肩上がりに増える」という情報だけでは、リークしているかどうかはわかりません。Windows Server 2012以降、AWEのメモリはprivate bytesとして確認できるようになっていますし、private bytesとしてカウントされるメモリは、スレッドスタックやプログラムコードなども含まれるからです。例えば、SQL Serverのスレッドは必要に応じて作成されますし、Large Pageモデルでない限りSQL Serverは必要に応じて徐々にメモリを確保します。つまり、右肩上がりに増えていきます。

SysinternalsのVMMAPというツールでは、仮想アドレス空間の内訳を見ることできます。
ぼーっとみているだけでも結構勉強になります。(クリックして拡大)

 というわけで、SQL Serverがメモリリークしているかどうかは、どれくらいの割合でメモリが増えているのか?とか、OSはどのバージョンを使用しているのか?とか、これだけではないですけど、いろいろな情報を総合的に考えてメモリリークしていそうだな、という結論に至ります。

 少し話がずれましたが、担当者からのヘルプメールには、お客様はWindows Server 2008 R2を使用していて、private bytesが数か月にわたって30GBにも膨れ上がっていることが記載されており、「こりゃリークしとるな。」と思える状況だということがわかりました。

次のページ
どこでリークしているのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マイクロソフト古賀啓一郎の「今月のケースファイル」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

古賀 啓一郎(コガ ケイイチロウ)

日本マイクロソフト株式会社勤務。きままなエンジニア。
謎があると解決せずにはいられない性格。
週末は家事に従事。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6288 2014/10/31 10:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング