SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

こんにちはCassandra!―米国でApache Cassandraを開発している日本人コミッターが教える、1から始めるCassandra

第1回 Apache Cassandraを始めよう


Apache Cassandraのコミッターも務めている森下雄貴さんによるCassandra入門、はじまります!

Apache Cassandraとは

 Apache Cassandra は、Apache ソフトウェア財団で開発されている分散データベースです。 元々はFacebookが自社のサービスの一部に利用する前提で、増え続ける大量のデータを複数のサーバー上に分散して格納するために開発したデータベースですが、現在はオープンソース化されApacheソフトウェア財団のトップレベルプロジェクトとして開発が進められています (Facebookのオリジナルバージョンは今でもGithub上で確認することができます)。

 2009年にApache CassandraとしてApacheソフトウェア財団より最初のバージョン0.3がリリースされました。その後継続的に機能追加とバグフィックスが行われており、現在の最新安定バージョンは執筆時点(2015年6月時点)で2.1.7です。次期バージョンである2.2.0も開発が進められています。

 大規模なWeb企業であるFacebookが利用するために開発されたCassandraですが、現在では金融やヘルスケア、センサーデータなど様々な分野に利用されています。 例えばオランダの世界的金融機関であるINGでは、Cassandraの高い可用性に注目し、障害が発生しても継続的にサービスが提供できる信頼性の高いネット決済システムを構築しました。 イギリスのエネルギー供給企業のBritish Gasは、各家庭に設置されたスマートデバイスから送られてくる大量のデータをリアルタイムに蓄積・分析できるシステムをApache SparkとCassandraを用いて開発しました。 Appleは75,000台以上のCassandraを利用して10PB以上のデータを格納しています。

Cassandraを利用している企業
Cassandraを利用している企業

 そのような企業では、なぜ広く利用されているリレーショナルデータベースではなく、Cassandraを選んだのでしょうか。

次のページ
Cassandraの特徴

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
こんにちはCassandra!―米国でApache Cassandraを開発している日本人コミッターが教える、1から始めるCassandra 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森下雄貴(モリシタユウキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6986 2015/08/07 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング