Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、オープンソース・データベース「MySQL」の最新バージョンを一般提供開始

  2015/10/22 15:45

 米オラクルは、10月19日(現地時間)、オープンソース・データベース「MySQL 5.7」の一般提供開始を発表した。最新版では、性能、拡張性、管理性の向上に加え、JSONのサポートによってNoSQL機能が強化されている。また、MySQL Routerの導入により、複数のMySQLデータベースにアプリケーションを容易に接続できるようになった。

 「MySQL 5.7」では、性能と拡張性が向上し、次のような機能強化が行われている。

  • 速度の向上:SysBench Read-only Point-Selectを使用した1,024の接続によるベンチマーク・テストでは、「MySQL 5.6」の3倍となる1,600,000QPS(1秒あたりのクエリー数)を達成。
  • InnoDBの最適化:性能と同時実行性、オンライン操作、空間インデックス、ネイティブ・パーティショニングなどが強化。
  • レプリケーション機能の強化:マルチソース・レプリケーションの導入、グローバル・トランザクション識別子(GTID)の改良、マルチスレッド・スレーブの強化により、性能拡張性と可用性が改善。
  • オプティマイザの強化:新しいMySQLオプティマイザの動的なコスト・モデルにより、クエリの性能とユーザー制御が向上。

 管理性に関しては、主に次のような点が強化されている。

  • 新しいネイティブのJSONデータ型とJSON関数:スキーマレス・データの効率的かつ柔軟な保管、検索、操作が可能に。また、新しい内部バイナリ・フォーマット、SQLとの容易な統合のサポート、Generated Columns(生成列)を利用したJSONドキュメントのインデックス管理といった機能を強化。
  • パフォーマンス・スキーマ:メモリ、トランザクション、ストアド・ルーチン、プリペアド・ステートメント、レプリケーション、ロックの計測が可能。
  • MySQL SYSスキーマ:パフォーマンス、状態、使用状況、モニタリングに関する一般的な要件に応えるヘルパー・オブジェクトを提供。
  • セキュリティの強化:容易かつ安全なインスタンス初期化、セットアップ、管理が可能。
  • モバイル・アプリケーション向けのGIS(地理情報システム)サポートの強化:InnoDBでの空間インデックス、GeoJSON、GeoHashをサポート。

 さらに、新しいMySQL Routerも一般提供が開始されるという。これは、MySQLデータベースにクエリをインテリジェントにルーティングすることで性能と可用性を改善し、アプリケーション開発効率を向上する。

 また、MySQL Routerでは、各種の開発言語からのMySQL Fabricサポートも提供され、MySQLデータベース・グループの管理が容易になるとともに、データ・シャーディングの自動化を通じて高い可用性と拡張性を実現するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5