SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

EMCとDELLの統合は「双方のいいとこどり」――EMC World 2016


 EMC World 2016が米国ラスベガスで開幕した。今回のイベントが16回目、テーマはMODERNIZEだ。既存のシステムをMODERNIZEし、データセンターをMODERNIZEする。MODERNIZEにより効率化を行い、それで削減されるITコストを第3のプラットフォームで実現する新たなイノベーションに投資する。そうすることでビジネスそのものをMODERNIZEするという流れだ。

EMCのCEO トゥッチー氏が後継者に選んだのがマイケル・デル氏だった

 初日のゼネラルセッションに登場した、チェアマンでCEOのジョー・トゥッチー氏。EMC Worldというイベントがもっとも好きなイベントだという。

EMC CEOのジョー・ツッチー氏

EMC 
CEO ジョー・トゥッチー氏

 「EMCは今、DELLとの統合の真っ最中です。今後は政府からの認証や株主の合意も必要です。今日はこれから、統合後の新しいビジョンについて話します。これから素晴らしいことが始まります。EMCとDELLの合併には、ここに集まっている皆さんも重要な一部です。顧客もパートナーも重要で、成功させるのは皆さんなのです」(トゥッチー氏)

 なぜEMCは合併するのか、なぜDELLなのか。そして、どうして今なのか。トゥッチー氏によれば、人生に2度か3度、状況が一変するようなタイミングがある。たとえば産業革命であったり、コンピュータが登場した瞬間であったりだ。今はデジタル変革が急激に進み、これは「産業革命も小さく感じさせるほどのもの」(トゥッチー氏)である。

 何10億ものスマートフォンがつながり、さまざまなリモートデバイスも登場している。そこからものすごい量のデータが生まれ、企業はそれらを収集し分析して、結果からサプライチェーンを効率化するなど工夫する。これはビジネスモデルそのものが変わることであり、ものの売り方が変わる。そのためのパワーとなるのがソフトウェアであり、開発はアジャイルでなければならない。そういったものを手に入れることで、企業は競争力を得る。

 「こういった変化の中で、EMC自身が変わらなければならないと考えました。そして、DELLと共にデジタル化に対応する、特別なものを作ろうとの話になったのです。EMCとDELLが提供する製品やソリューションで、皆さんのデジタル化へのアジェンダを支援します。皆さんがデジタル化で成功できるようにします」(トゥッチー氏)

 トゥッチー氏はEMC Worldが大好きだと言い、参加者にお礼の言葉を贈った。会長、CEOとしてステージに立つのはこれが最後になるだろうとも言い、今後第一線から退くこともほのめかした。最後に「我々にとって素晴らしい、最高な年がこれから待っています。そのために、私も最大の支援をします」と言うと、会場に集まった参加者はスタンディング・オベーションで応えた。

EMCとDELLは補完関係にある

 トゥッチー氏に続きステージに登場したのは、DELLのCEOであるマイケル・デル氏だ。彼は2社の統合で「皆さんのために新しいテクノロジーの会社を作ります」と宣言する。

 「DELLとEMCは、1つになることで、クラウドインフラの会社になります」ともデル氏は言う。DELLとEMCが一緒になることの意味として、両社が補完関係にあることを挙げた。2社が補完することで次世代のデータセンターに必要なすべてのものを提供できる。これで従来のITを効率化でき、効率化により節約できる予算を次世代のデータセンターのために投資する手伝いも、統合された新たな会社では行える。「データセンターに大きな価値を提供できます。これができるベンダーは他にはいません」と言い、EMCとDELLのすべてが世界最高のレベルのサービスだと自信を見せる。

 この両社の補完関係の1つは、顧客のカバー領域だ。DELLはミッドマーケット以下に強くEMCはエンタープライズに強い。これですべての顧客層をカバーできる。さらにDELLにはグローバルなサプライチェーンがあり、統合により世界最大のエンタープライズなグローバルサプライチェーンが誕生することになる。

 もう1つデル氏が指摘したのは、セキュリティの重要性だ。デバイスやノードが増えておりデータの価値も上がっている中、すべてがデジタル化することになれば脆弱性も増え攻撃も増えることになる。セキュリティ対策は高度化しており、それに対応するためにRSAやSecureWorks、SonicWALLといった新たなファミリー企業で対処することができると言う。

次のページ
統合後の会社名はDELL TECHNOLOGIES

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8015 2016/05/09 18:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング