セゾン情報システムズと東海ソフトが提携し、FA/産業機器向けのIoTプラットフォームを提供:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セゾン情報システムズと東海ソフトが提携し、FA/産業機器向けのIoTプラットフォームを提供

2016/09/15 12:00

 株式会社セゾン情報システムズと東海ソフト株式会社は、国内主要プログラマブルロジックコントローラ(PLC)に対応したIoTプラットフォームを提供し、IoT活用による製造業のスマートファクトリー化支援で提携した。

 今回発表された提携によるソリューションは、製造業の設備本体の予知保全や生産ライン監視による生産性改善や品質向上などでの、IoTの取り組みに対応するもの。従来、プログラマブルロジックコントローラ(以下、PLC)には、 「容易にデータを取得できない」、「取得したデータを安全かつ確実にサーバーへ転送できない」などの課題があった。

 通信手続きの異なる複数メーカーのPLCからのデータ転送や、サーバーへ転送する際に、情報漏洩や改ざん防止などのセキュリティ対策に多くの時間とコストがかかっていた問題を解決するものだという。

 提供ソリューションとしては、東海ソフトのクラウド仮想デバイス「Flex Device」とセゾン情報システムズのIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」の2製品を組み合わせ、IoTデバイスから取得したデータをクラウドに接続するものとなる。 これにより、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を簡単に実現できるという。

 2016年10月1日より、東海ソフトからソリューションを提供し、2018年度までに100社への販売を目標とするという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5