SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Day 2016 講演レポート

待ったなしのEU一般データ保護規則、適用対象になるのはどんなケース?どのように進めるべき?


GDPRに対応するために企業が押さえておくべき3つの観点

 門脇氏はGDPRに対応するために、企業が押さえておくべき観点を3つ挙げた。それが「透明性」、「適合性」、「制裁リスク」だ。

透明性

  • 利用する個人情報に関する「責任」の文書化
  • 個人情報の利用方針を各事業領域で明確化
  • 同意取得方法の明確化と同意取得ルールの厳守
  • アクセス権管理の強化と付与時間の短縮化
  • 漏えい事案の公開等、インシデント対応手順の明確化  

 上記のように責任、方針、ルールなど、あらゆることを事前に定めて明確にしておく必要がある。GDPRには事前の事柄だけではなく、万が一、個人情報が漏えいした場合の報告義務も定められている。個人情報の取り扱いについては透明性を期すようにしなくてはならないということだ。

適合性

  • 域外データ移転への対応
  • 「データプロテクション・バイ・デザイン」の導入
  • 「データ・ポータビリティ」の実現性を確保
  • 「忘れられる権利」行使の実現性を確保  

 規則に適合しているかどうかも重要なポイントだ。日本では特にEU域外へのデータ移転で適合かどうかをよく確認しておく必要がある。データ移転だけではなく、GDPRには様々なやるべきことが定められている。

 例えば「データプロテクション・バイ・デザイン」というのはデータ保護を設計段階から考慮しておかなくてはならないということ。運用で対応するだけでは不十分ということだ。またGDPRには現行法(データ保護指令)にはなかった「忘れられる権利」が新設されている。これも適合していなくてはならない。あらゆる権利保護や規則が適合しているかを確認する必要がある。

制裁リスク

  • 監督機関に与えられる権力の強化
  • 重大な違反に対する罰則金
  • 苦痛が補償される権利
  • 組織によって起こされうる訴訟
  • データ処理者にも課せられる責任  

 グローバル企業にとって最も脅威となるのが制裁リスクだろう。制裁金は最大で2000万ユーロまたは前年度の全世界売上高4%のいずれか高い方となるなど、驚くほど高く設定されている。万が一提訴されたり、罰則の対象となれば甚大なダメージとなりかねない。どのような場合が違反となり制裁の対象となるのか、リスクをよく確認しておく必要がある。

次のページ
誰がどのようにアクションをとり、どんな組織にサポートしてもらうべきか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
Security Online Day 2016 講演レポート 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8572 2016/11/08 13:36

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング