SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2023 Winter

2023年11月21日(火)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(AD)

楽することって悪いこと?ハイパーコンバージドインフラでITインフラ運用が激変する理由

運用保守の効率化でIT担当者は価値を高めていくことができる

 ハイパーコンバージドインフラとソフトウェア定義が組み合わさると、IT運用管理はさらに次のステージへと進む。例えばVxRailなら、バックアップ、災害対策、クラウド活用、マーケットプレイスなど必要な機能は多くがソフトウェアベースで提供されている。

 バックアップを考えたとき、ハイパーコンバージドインフラのように集約型だと、災害を想定して別の拠点にバックアップをしておく必要がある。その場合、データ量を最小限にするために重複排除が有効になる。重複排除であれば、Dell EMC Data Domainが高い効率で実施できる。チェックサムの比較、データ障害検出、自動修復機能でコスト対効果の高いバックアップが実現できる。

 組み合わせ次第ではデータ管理はサービス化へと進展する。ハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にvSphere Data ProtectionとData Domainを組み合わせることで、BaaS(Backup as a Service)となる。またハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にDell EMC RecoverPoint for Virtual Machinesを用いることで、DRaaS(DR as a Service)となる。

 さらにハイパーコンバージドインフラ(VxRail)にCloud Arrayを組み合わせるとSTaaSだ。Cloud Arrayはパブリッククラウドストレージをアーカイブやバックアップとして利用できる。これはクラウド間データ移行やクラウドストレージ連携にも有効だ。平原氏は「パブリッククラウドのコストメリットと企業ITとしてのガバナンスを両立できます」と話す。

出所:EMCジャパン株式会社

 ハイパーコンバージドインフラやソフトウェア定義製品が組み合わさると、さらなる運用効率化が期待できる。最後に平原氏は次のように述べ、セッションを締めくくった。

 「運用保守効率化が進めば、IT担当が運用保守以外に時間を割くことができるようになります。例えばビジネスに貢献する提案などです。そうした分野にITスキルを生かしていければ、IT担当者は自身の価値を高めていくことにもつながります」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9016 2017/03/09 06:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年11月21日(火)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング