SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

EinsteinとWatsonが握手した!「AIは人間の仕事を奪わない」―ジニ・ロメッティ氏登壇

 InterConnect 2017の2日目のゼネラルセッションには、IBM 会長、社長兼CEOのジニ・ロメッティ氏が登場した。クラウドが登場したことでITの世界を、さらにはクラウドでビジネスの状況を変え、社会までも変えている。もちろん、単にクラウドでITのデリバリの方法を変えただけではない。IBMのクラウドは、全く新しい次世代のプラットフォームを提供するものだ。

クラウドではオンプレミス以上のセキュリティの高さが求められる

ジニ・ロメッティ氏

 社会をも変えたクラウド。ロメッティ氏によれば、IBMのクラウドはITで昔からやっていたことの新しい「やり方」を提供するものではない。全く新しいものであり、クラウドでビジネスの意思決定に関わるところに価値を見出すものだという。

 「すでにクラウドのビジネスは、IBMのビジネスの17%を占めるまでに成長しています。IBMのクラウドは、エンタープライズの要求に耐えうるものであり、データ中心となっている。ここが他のクラウドとは大きく異なるところで、エンタープライズ向けのクラウドでは、オンプレミスよりもむしろ高いレベルのセキュリティが必要となります」(ロメッティ氏)

 IBMでは、そんなクラウドのために世界中の50カ所、19カ国にデータセンターを設置している。これに加え、20カ国目として中国が加わる。ロメッティ氏は51カ所目のデータセンターを中国で開設することをステージ上で明らかにした。

 もう1つIBMのクラウドが他とは異なる点として挙げたのが、オンプレミスも選べる真のハイブリッドクラウドの構成をとれることだ。企業はクラウドが登場する前からITに多くの投資を行っている。その投資を最大限に活用するには、オンプレミスも選べるようにする必要がある。IBMはパブリック、プライベート、オンプレミスを活用できる、真のハイブリッドなクラウド環境を提供する。

 そしてパブリッククラウドとプライベートクラウドを単純につなぐだけでなく、アプリケーションのレベルでもデータのレベルでも連携できる仕組みでなければならない。そしてその環境は、上から下までセキュリティを確保する必要がある。ロメッティ氏は「IBMはチップレベルでセキュリティを確保する仕組みを提供しています」と、IBMのクラウド環境の高いセキュリティを強調した。

次のページ
IBMのWatsonとSalesforceのCRMのデータが結びついて、企業や顧客に新たな価値を提供する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9079 2017/03/24 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング