Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DAL、統合EDI製品「ACMSシリーズ」に最新データベースをサポートする最新版を発売

  2017/08/31 16:45

 データ・アプリケーション(DAL)は、企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間電子商取引に特化したB2Bサーバ「ACMS B2B」ならびに動作環境をWindowsに限定した「ACMS B2B Limited Edition」の最新版バージョン4.7を、8月31日から販売開始すると発表した。

 最新版では、マイクロソフト社のデータベースSQL Server 2017(Windows/Linux)そして、オラクル社のデータベース・サービスであるOracle Database Cloud Service、Oracle MySQL Cloud Serviceに対応した。

 主力製品である「ACMS E2X」と「ACMS B2B」が導入されるOS環境は、Windowsが約60%、Linuxが約30%で、これら製品の管理データベースとして利用されるのが、SQL ServerとOracle Databaseでそれぞれ約40%を占めているという。

 この導入状況から、WindowsとLinuxのクロスプラットフォームをサポートするSQL Server 2017は、Linux環境でACMSを検討している企業に対し、データベースの選択股を広げることができることから、今回のバージョン4.7において、早期にSQL Server 2017をWindows/Linuxの両方で検証を完了したという。

 一方、EDI環境の大きな変化として、4月6日にNTT東西から「固定電話網のIP網移行後のサービス及び移行スケジュールについて」の発表がある。この移行スケジュールによれば、2024年初頭を目途に、固定電話網を利用したJCA、全銀BSC、全銀TCP/IPといった従来型EDI環境が使えなくなり、企業は従来型EDIからインターネットEDIへの移行を検討せざるを得ない状況になる。

 DALは、EDI環境に大きなインパクトを与えるこの発表を受け、今後インターネットEDIが普及するに伴いクラウドやサービスの利用が拡大するとの予想から、Microsoft Azure、AWS、Oracle Cloudなどさまざまなクラウドやサービスへの対応を積極的に進めており、より経済性・柔軟性・信頼性の高いEDI環境の構築を支援していくとしている。

 1. 稼働環境の充実

 ・サポートするデータベース

  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft SQL Server 2017 on Linux
  • Microsoft SQL Server 2016 SP1
  • Oracle Database 12c Release 2
  • MySQL 5.6 / 5.7

 ・Oracle Cloudのデータベースをサポート

  • Oracle Database Cloud Service
  • Oracle MySQL Cloud Service

 2. 通信機能強化

 ・通信コマンドアダプタの追加:通信コマンドアダプタは、ACMSの通信ポートを利用し任意のコマンドを起動できる機能。

 ・オプション製品のファイル交換ツール「ACMS Web/deTrade II」が以下のブラウザをサポート

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox

 3. セキュリティの強化

 インターネットEDIの通信プロトコルであるEDIINT AS2手順の送受信において、次世代の暗号アルゴリズムであるECDSAで署名された証明書をデジタル署名/暗号化で利用可能になり、よりセキュアなデータ交換を実現。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5