DHT、有料データベースからPostgreSQLなどに移行する「DBマイグレーションサービス」を発表:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DHT、有料データベースからPostgreSQLなどに移行する「DBマイグレーションサービス」を発表

2017/10/23 14:30

 デジタル・ヒュージ・テクノロジー(DHT)は、有料データベースからPostgreSQLに移行(100万円/60テーブル:税別)する「DHT DBマイグレーションサービス」発表した。

 近年、有料のデータベースからPostgreSQLへの移行が増加しており、新規導入されている業務システムのデータベースとして、半分以上のシェアをPostgreSQLが占めているというデータもあるという。そのため、DHTは有料ライセンス・データベースからの移行サービスをリリースするに至ったとしている。

 移行元対象データベースはOracleの全バージョンで、移行先のシステム例としてPostgreSQLやKUSANAGIがあるという。

 ■サービスの特徴

  • 業界最安値クラスのマイグレーション料金で提供。
  • 周辺のアプリケーションも並行開発。
  • オンプレミスからクラウドへの移行も実施。
  • マネージドサービスも提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5