Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

企業でPostgreSQLを運用するための実践的なノウハウをアップデート――PGECons活動成果発表会

2018/06/01 06:00

 PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム(以下、PGECons)は2018年5月18日、活動成果発表会を開催した。活動開始から今年で満6年。着々と会員を増やしている。多様な企業からの参加者と一緒にPostgreSQLの検証や考察を行うことで、参加者はノウハウだけではなく多くの貴重な体験をしている。

新技術検証WG:性能検証でまさかの性能劣化を目撃。メンバーで原因推定へ

 技術部会WG1は新バージョンの性能検証や新機能の検証を行っている。まずは定点観測となる新バージョンの性能検証から。今回はPostgreSQL 10.0とPostgreSQL 9.6と比較した。検証方法はこれまで通り、pgbenchを使用、サーバー機はHPEのProLiant DL380 Gen10、32コアのサーバーで測定した。  

 一般的に新しいバージョンほど性能が向上する。ところが今回はまさかの事態となった。参照系では大きな性能差は見られなかったものの、更新系では負荷が高まったところで新しいほうのPostgreSQL 10.0で性能低下が見られた。最大で26%、明らかな性能低下である。

測定結果 
出所:https://www.pgecons.org/

 WGでは原因調査のために追加検証を実施した。CPUの使用率は変化なし、ディスク使用率は余裕がある。ただしカーネルの使用割合が増えていたため、WGではシステムコールに何らかの原因がありそうだと目星をつけた。すると、9.6と10.0では使用されているシステムコールが異なることを確認した。リリースノートには「Postgre 10.0では、LinuxとFreeBSDにおいて、SysVセマフォではなくPOSIXセマフォを使用するようになりました」とある。  

 WGを代表して発表したクリアコード 堀本氏は「(上述の)PostgreSQL 10.0の変更点が更新性能に影響していたと推測できます」と話した。この検証結果はPostgreSQLの開発コミュニティにも共有され、対応が協議されているという。

クリアコード 堀本 泰弘氏  

 WGではこれまで実施していなかったWindows版PostgreSQLとLinux版PostgreSQLの性能比較検証も実施した。参照系では大きな性能差はなく、更新系では低負荷では大きな性能差はなかった。ただし高負荷ではWindows版で性能低下の可能性があるという結果が得られた。  

 ほかにもロジカルレプリケーションで負荷分散した場合の効果検証、外部データへアクセスする仕組み(FDW:Foreign Data Wrapper)の検証も行った。前者は継続的に更新されているデータベースで全文検索するケースを想定し、負荷分散で性能劣化が抑えられることなどを確認した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5