Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

いまAIが実現できること、いつかAIが日常になる未来で起こること

edited by DB Online   2018/09/06 06:00

 第21回 文化庁メディア芸術祭では、AI、VR、IoTなど最新技術を採り入れた作品の受賞が目立った。受賞作品展の開催期間中には、AIに関する作品の受賞者トークが開催された。今のAIにおける進化と、将来AIが日常に定着した時の世界について、作者たちが語り合った。

AIで着色する「PaintsChainer」、AIが日常になる未来を描いた「AIの遺電子」

 AIをよく知る二人がAIを語り合った。その二人とは、第21回 文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門優秀賞「PaintsChainer」を受賞した米辻泰山氏と、同 マンガ部門優秀賞「AIの遺電子」を受賞した山田胡瓜氏。まずは受賞作品を簡単に紹介しよう。

受賞者トークのようす
受賞者トークのようす

エンターテインメント部門優秀賞「PaintsChainer」

 AIで線画に自動着色するWebアプリケーション。サイトに着色されていない線画をアップロードすると、AIが自動的に着色して出力する。事前に60万枚ほどのカラーイラストと線画(イラストから画像処理で線だけ抽出した)をペアとする教師データを与えており、ここからAIが着色パターンを学習している。ニューラルネットワークのためのライブラリ「Chainer」を用いている。

 PaintsChainer
 https://paintschainer.preferred.tech/

 米辻氏はIoT分野でディープラーニングの研究と開発を進めるPreferred Networksの社員。「ディープラーニングの学習のために本作品を制作しました」と話す。

 エンターテインメント部門審査委員の中川大地氏は「絵を作ろうとする時、着色はハードルになります。本作品はAIで創作支援するプラットフォームであり、人間とAIが役割分担するという未来の芸術表現の可能性を提案しています。将来性を高く評価しました」と話す。

マンガ部門優秀賞「AIの遺電子」

 AIが組み込まれたヒューマノイドが人間とともに生きる未来を描いたSFマンガ。ヒューマノイドは人間と同等の能力と権利を持ち、人間社会で人間と同じように葛藤しながら生きる。物語はヒューマノイドを治療する医者を中心に展開していく。

 山田氏はIT記者から漫画家に転向。連載を企画するにあたり「これまで取材した知識を生かしたい」と、取材時にめざましく発展を遂げていたAIを作品に採り入れたという。

 マンガ部門審査委員の白井弓子氏は「AIが発展した先にある世界を描き、『人間ってなんだろう』という哲学的な問いを突き詰めています。1話は短いものの週刊連載でしたので、毎週違う話を創作しており、すさまじい発想力です」と驚嘆しながら評価理由を説明した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5