Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DB Online Day2018 ―日本オラクル 小田圭二さんによるデモンストレーションの記録 速い!簡単!安心!これがOracle Autonomous Data Warehouse Cloud Service

edited by DB Online   2019/01/21 06:00

 DB Online Day2018にて行なわれたパネルディスカッション。Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud Serviceのデモンストレーションの模様を中心にお届けする。

小田さんによるAutonomousのデモンストレーションのもようをお届けします
  •  日本オラクル:小田圭二氏 
  •  アシスト:関俊洋氏
  •  DB Onlineチーフキュレーター:谷川耕一氏

数分でDBが立ち上がる!バックアップもお任せ

谷川:今日は、DBエンジニアのキャリアパスについて討論しています。その流れでクラウドの話が出ましたので、番外編ということで、Autonomousについて取り上げていきたいと思います。まずはOracleが言っているAutonomousなるものが、どんなものかっていうイメージを、小田さんに少し見せていただければ。

小田:はい。一般にDBを作ろうとすると、ものすごく時間がかかります。正直に言うと数ヶ月レベルで時間がかかったりします。それを、いかに簡単にやれるをお見せしたいと思います。

まず、これはSQL Developerというツール。今、すでにOracle Cloudは起ち上げてあります。

 これがOracle Cloud Infrastructureの画面です。ここのボタン、ポチポチってするだけでDBが起ち上がる。数分です。これがCloudの1つの価値です。もう1つ価値が、バックアップが、自動的に取られていることです。難しいバックアップをお任せにできます。

DB作ってから使うまでってどんな感じ?

小田:さて、ここからは、DB作ってから使うまでをお見せします。サービスコンソールっていう画面があります。

こんな感じでですね、CPUがあーだこーだとかあるんですけど、ここら辺は管理画面なので置いといて。

adminの画面の中に、”Download Client Credentials”っていうのがあります。これをダウンロードして読み込ませるだけ、というところをお見せします。パスワードをセットしてダウンロードします。今、walletがダウンロードされています。もうこれでダウンロードされました。

次は、このダウンロードしたwalletを読み込ませて、ささっと使えるっていうところです。これがSQL Developerっていうクライアント側のツールです。こちらに接続を追加したいと思います。

DBの接続は例えばADWという接続名で、ユーザー名adminです。パスワードをここにペタッと貼ります。ここでクラウドを選択します。さっきのダウンロードした構成ファイルをですね、近くに置いてあるので、ここで読ませて接続する。これだけで接続が終わり、That’s allです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:DB Online day 2018 powered by Oracle

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5