Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

躍進するVeeam、次の一手はバックアップ技術を軸としクラウド・データ・マネジメント領域へ

edited by DB Online   2019/12/13 11:00

 2019年9月12日、Veeamの最新の戦略を紹介する「VeeamON FORUM Tokyo 2019」が開催された。データマネジメントやデータ保護の最新技術、トレンドが語られ、それを受けた形でVeeamからクラウド・データ・マネジメントの戦略について説明が行われた。

市場成長率を超える成長でシェアNo.1を目指す

 クラウドやモバイル、AIや機械学習、IoTやエッジコンピュータなど様々な技術が市場を変化させている。これら技術を使い市場に変化を起こす源となるのは情報、つまりはデータだ。そのデータを確実に保護し、活用するためのソリューションをVeeamは提供していると強調したのは、基調講演のステージに登壇したVeeam Software シニア・バイス・プレジデント アジアパシフィック・ジャパンのショーン・マクレガン氏だ。

Veeam Software シニア・バイス・プレジデント アジアパシフィック・ジャパン ショーン・マクレガン氏
Veeam Software シニア・バイス・プレジデント
アジアパシフィック・ジャパン ショーン・マクレガン氏

 データ保護の領域でVeeamは大きく成長しており、2019年には売り上げが10億ドルを超えると予測されている。中でもアジア太平洋、および日本地域の売り上げは2018年度に7,500万ドル、36%の高い成長率を誇っている。

 最先端のデータセンターにおけるデータの保護を行ってきた2008年からの10年間をACT 1とすれば、2019年移行のACT 2ではハイブリッドクラウドの世界におけるクラウド・データ・マネジメントをVeeamでは提供する。そしてこのクラウド・データ・マネジメントの市場は、2023年までに310億ドルの規模になる。Veeamは、クラウド・データ・マネジメントを提供するもっとも信頼できるバックアップソリューションのベンダーになるとマクレガン氏は主張した。

 続いて登壇したヴィーム・ソフトウェア 執行役員社長の古舘正清氏は、2年前に日本法人の社長に着任して以降、重視してきたのが顧客やパートナーにとって扱い易く安心して使える製品にすることだと言う。そのためにドキュメントを日本語化、サポートチームを日本に置きSEチームも新たに作った。結果的に各業界のトップクラスの日本企業が、Veeamを採用するに至っている。

 とはいえ日本企業の多くが、バックアップに課題を抱えていると古館氏。たとえばグローバル平均に比べ日本ではダウンタイムが長い。バックアップは取得しているが、いざ戻すとするとなかなか戻らず復旧に時間がかかる。システム停止時間が長引き、ビジネスにもインパクトを与えてしまう。

 こういった企業の課題に対し、Veeamでは5つのステージでクラウド・データ・マネジメントを提案する。ステージ1のバックアップから始まり、ステージ5ではデータの保護を自動化する。「将来的にはAIが判断し、最適な場所に自動で保護すること目指します」と古館氏は言う。

[@@

 そしてVeeamが支持されているのは、オンプレミスの保護からクラウドを使ったデータ管理のために必要な製品を全て揃えているからだとも主張する。既にヨーロッパ、中東およびアフリカ地域ではバックアップ・ソフトウェアのシェアでNo.1だが「日本でも必ずシェアNo.1を獲得します」と宣言した。

 エンタープライズ戦略担当 バイスプレジデントのデイブ・ラッセル氏は、企業はバックアップに投資しているがそれほど定着していないと指摘する。ガートナーの調査によれば、現状のバックアップに不満があり何らか変更や増強を考えている企業が半数以上いるのだ。そしてバックアップベンダーを変更する理由にはコスト、導入や運用のしやすさ、バックアップとリカバリのスピードが挙げられている。

[@@
[@@

 そのような状況の中でVeeamは、バックアップおよび復元ソフトウェアの市場シェアで2018年に4位だった。市場成長率が前年比で6.8%の中、Veeamはグローバルで16%の成長を遂げており、日本では150%と極めて高い成長率がある。

 さらに新規ライセンスの獲得を見れば、他ベンダーがシェアを減らしている中Veeamだけが成長している。結果としてVeeamはガートナーのマジッククアドラントでリーダーに位置づけられ「マジッククアドラントで“マジック”を実現できる唯一のベンダーです」とラッセル氏。

 このように成長したのは、可用性の高さ、データのアジリティ、ビジネスのアクセラレーションの3つにVeeamが注力してきたからだと説明する。そしてクラウド・データ・マネジメントがまさに今求められており、信頼、コンフィデンス、ケイパビリティが必要であり、さらにカルチャーも重要だとも指摘した。


関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5