Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

進化を遂げたSQL Server 2019 DX時代に適したデータプラットフォームの特長とは?

edited by DB Online   2019/12/04 08:00

 2019年11月4日にSQL Server 2019がリリースされました。SQL Server 2019は、これまでの「RDBMSのSQL Server」とは一線を画す進化を遂げています。今回はその進化に至るまでの時代背景と、進化によるメリットについてご紹介します。

DX推進が喫緊の課題

 昨年、経済産業省から発表されたDXレポートでは、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が進まないことによって生じる可能性のある経済損失、いわゆる『2025年の崖』が話題になりました。

 非常にショッキングな内容であり、発表から1年以上経過した今もなお、あちこちで取り沙汰されています。企業にとって急務となっているDXにおいてはとりわけデータ活用の必要性が高まっていますが、その障壁として挙げられているのが、部門最適なシステムが生み出すデータのサイロ化や、大規模なデータや非構造化データ(JSON、画像、音声などの構造化されていないデータ)へ対応可能なプラットフォームが社内に存在しない点、IT人材が不足している中で保守・運用に手がかかりすぎ、最先端の技術を担う人材を確保できないなどの点でした。

 今必要なのは、あらゆるデータにアクセスでき、あらゆるデータから洞察を得ることのできる「近代的」かつ効率的なデータプラットフォームであり、これが企業のデータ活用、ひいてはDX推進の原動力となります。

データを“資産”として活用できるBig Data Cluster

 データプラットフォームの近代化を検討する際、現在はメンテナンスコストの削減、拡張性の高さ、他サービスとの連携性などからPlatform as a Service(PaaS)型のクラウドサービスへの移行が肝心であると声高に叫ばれています。

 それが一番理想形であるという理屈はわかるものの、すべてのシステムがクラウド利用に適しているわけではない、というのが実情であると感じます。

 SQL Server 2019ではBig Data Clusterと呼ばれるビッグデータソリューションが登場しました。Big Data Clusterは、格納先のストレージにHadoop分散ファイルシステム(HDFS)を採用しており、構造化データと非構造化データの両方を格納することのできる、データレイクとして利用できるようになっています。

 これらのデータを従来からのSQL Serverエンジンだけでなく、新たに搭載されたSparkで処理することが可能になっており、構造化データと非構造化データ、すべてのデータから分析情報をほぼリアルタイムで取得することができるようになっています。

 この新たなビッグデータソリューションは、オンプレミスで利便性の高い近代的なデータプラットフォームを実現できる点から、特にデータをクラウドへ移行することが難しいお客様から高い評価を頂いています。

 スイスのBalzano社は、病院と連携して医療画像診断を行うソフトウェアを開発している企業で、患者の医療情報を扱っているという側面からクラウド利用に大きな課題がありました。

 しかしSQL Server 2019のBig Data Clusterによって、構造化データと非構造化データの両方を扱えるようになったために、データサイエンティストが行っていたデータの前処理が必要なくなりました。その結果、より専門性を必要とする作業に集中する時間を増やすことができたことで、開発効率が大幅に向上したとの効果を得ることができています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 泉水 礼(センスイアヤ)

    日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ サービス - Data&AI Azure 系の Data Platform 製品や SQL Server の導入・構築・チューニング支援や、BI、ML/AI を用いたデータ活用支援などに従事。

バックナンバー

連載:現場からお届けするSQL Server 2019最新情報コラム
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5