Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

高速データベース復旧(ADR: Accelerated Database Recovery)前編

edited by DB Online   2020/01/14 14:00

 今回は、その内容は地味ながらSQL Server 2019での最も大きな変更点のうちのひとつではないかと(個人的に)考えている、「高速データベース復旧(ADR: Accelerated Database Recovery)」 について紹介します。

データベース復旧時間の問題

 SQL Serverが意図せず停止してしまった際に(サーバーダウンなどによって)、大量の更新操作(バッチ処理でのデータ投入処理など)が行われていた場合、SQL Serverを再起動してもデータベースの状態が「復旧中」となり長時間使用できなくなることがあります。これはデータベースをSQL Serverが停止する直前の状態に戻すための復旧処理が行われていることに起因しています。

 データベースに対して実行された更新操作が、個々のトランザクションの観点から整合性のとれた状態にもどるまで、ユーザーがデータベースを使用することを許可しません。

 SQL Serverや他の多くのデータベース管理システム(IBM Db2 など)は、ARIES(Algorithms for Recovery and Isolation Exploiting Semantics)と呼ばれるデータベース復旧アルゴリズムをもとに設計されています。

 ARIESは、トランザクションログの先行書き込み(WAL: Write Ahead Logging)や、データベース復旧時に実行される再実行(Redo)/ロールバック(Undo)などによって構成される、データベース復旧時の整合性確保のためのアルゴリズムです。

 ARIESにおける再実行やロールバックはトランザクションログをもとに実行されます。それはトランザクションログに記録された更新情報を元に、データベースに対して再実行やロールバックの処理が逐次的に実行されることを意味します。つまり、適用しなければならないトランザクションログの数が多ければ多いほど、対処に必要な時間が増えてしまいます。

 例えば、数十億件のデータ投入を一つのトランザクションで実行中にSQL Serverがダウンしてしまった場合を考えてみましょう。SQL Serverが再起動されると、未完了でとなってしまったデータ投入処理を、記録されたトランザクションログを辿りながら取り消す膨大な量のロールバック処理が行われることになります。

 その復旧に必要となる時間は、データベースのデータやトランザクションログを配置しているディスクのIO速度や帯域に大きく依存します。実際に発生した類似する状況では、12時間もの長期間にわたってデータベースの復旧が行われ続け、その間ユーザーはデータベースへのアクセスができませんでした。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 平山理(ヒラヤマオサム)

    日本マイクロソフト株式会社 プレミアフィールドエンジニアリング プレミアフィールドエンジニア 日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部で、お客様に SQL Server をスムーズにお使いいただくための様々なお手伝いをしています。Sybase (現 SAP) 勤務時代の 5 年間とマイクロソフトでの 12 年間、データベース道を極めるために精進する毎日です。 二人の娘の父親であり、ハードロックを好む「バッタもん」ギタリストであり、毎月 300 km くらい走る (わりと) シリアス ランナーでもあります。著書に「絵で見てわかる SQL Server の内部構造」(翔泳社)

バックナンバー

連載:現場からお届けするSQL Server 2019最新情報コラム
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5