「すべての製品をクラウド化していく」―Oracleマイケル・ヒチワ氏が語るクラウド戦略 (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「すべての製品をクラウド化していく」―Oracleマイケル・ヒチワ氏が語るクラウド戦略

2011/11/16 07:00

日本オラクルは11月9日からの3日間、都内で技術トレーニングイベント「Oracle DBA & Developer Days 2011」を開催した。これ、いわゆる新製品やサービスの「いいところ」だけをベンダーが一方的に紹介するマーケティングイベントではなく、技術者のトレーニング、スキルアップを目的に技術セミナーやハンズオンセッションで構成されたイベントだ。

Oracle Database ApplianceはExadataのミニ版

マイケル・ヒチワ氏
マイケル・ヒチワ氏

 トレーニングイベントとはいえ、Oracleの製品やサービスの今後の方向性を示すキーノートセッションも行われた。そのステージに登壇したのは、米国Oracleでソフトウェア製品開発のバイスプレジデントを勤めるマイケル・ヒチワ氏。

 彼は、Oracle Database 11gで実現できるデータベース統合のベストプラクティスの解説と、アプリケーション開発の生産性向上、そして10月にサンフランシスコで開催されたOracle OpenWorldで発表したOracle Database Cloud Serviceについて紹介した。

 Oracleが目指すベストプラクティスのゴールは、いま1時間かかっているような処理を1分で、1分かかっている処理を1秒で終わらせるといった、大幅なパフォーマンス向上がまずある。さらには、爆発的に増えているストレージの最適化、信頼性や可用性を向上させるために行っている不必要な冗長化の削減、情報資産のセキュア化の徹底も行う。そして、管理オーバーヘッドの削減も目指すとのこと。

 パフォーマンスやストレージの最適化のベストプラクティスにおける、1つの理想型がOracle Exadataだ。Exadataにシステムを統合できれば、圧倒的な性能の向上だけでなく、障害時の代替システムとして確保しているコールドスタンバイのためのリソースも必要なくなる。このような無駄な冗長化をなくすには、Exadataでなくて可能だ。Oracle Real Application Clusters、Active Data Guardなどの機能を利用すれば、通常のOracle Databaseでも実現できる。そのためのベストプラクティスを提案するのが、Oracle Maximum Availability Architectureだ。

 ヒチワ氏は、Exadataはいいものだが「大規模で、すべてのユーザーにとって最適な選択とはならないかもしれない」という。そのため、Exadataのメリットを中堅、中小規模の企業や大手企業の部門単位でも活用できるようにしたとのこと。それがOracle Database Applianceだ。

 これは「ミニExadataみたいなもの」で、サイズは4Uしかなく、価格も大変魅力的なものだという。小さくても基本的な活用方法はExadataと同じで、Engineered Systemとして完結している。そのため、たとえばシステム全体の更新を行う際にも、Oracleから提供されるたった1つのパッチを適用するだけで対応できる。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5