Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

システム用途別に見るPostgres Plusの新機能

edited by DB Online   2015/03/18 06:00

 商用RDBMSと遜色ない機能を持ち、エンタープライズ用途での採用が拡がるPostgres Plusの最新バージョン 9.4が、PostgreSQL 9.4リリースに追随する形で2015年2月にリリースされました。今回は、OLTP、データウェアハウスなどシステム用途の観点からPostgres Plus 9.4が備えた新機能を検証結果を交えてご紹介します。

Postgres Plusの今

 Postgres Plusは、PostgreSQLをエンジンとし「パフォーマンス」「セキュリティ」「GUIツール」など多くの分野でPostgreSQLに未実装のエンタープライズ向け機能を強力に補完したRDBMSです。

 Postgres Plusは、近年、OLTP系システムを中心に採用機会が増えており、9.2の段階で、図1にあるように参照処理において64CPUコアまでのスケールアップの仕組みが実装されました。これにより、ハードウェアのメニーコア化の時代に沿う形で、データベースサーバに搭載されたCPUの有効利用が可能になりました。また、テーブルデータへのアクセスを行うことなくインデックスを検索するだけで結果を返すIndex Only Scanと呼ばれる機能の実装など商用RDBMSと遜色ない数々の機能が実装されてきました。

 図1:9.3までのOLTP系性能向上
図1:9.3までのOLTP系性能向上

 さらに図2にあるようにデータウェアハウス(以下、DWH)系の機能も次々と強化されてきており、9.3ではマテリアライズド・ビューがサポートされ、集約、集計といった複雑な検索処理の性能を確保できるようになりました。また、Oracle DatabaseのSQL*Loaderと同様の操作性を持つローダ機能としてEDB*Loaderが提供されていることも商用RDBMSユーザが扱いやすい理由の1つと言えます。

 図2:9.3までのDWH系機能の強化
図2:9.3までのDWH系機能の強化

 本連載ではこれまで2回(※1)にわたり、エンジンであるPostgreSQL 9.4とPostgres Plus 9.4それぞれの新機能の中からエンタープライズでの利用を想定した注目機能をピックアップしてご紹介しました。

(※1)第1回、第2回の記事は以下URLよりご参照ください。
第1回「エンジンPostgreSQLに組み込まれた注目機能解説」
第2回「Postgres Plus 9.4独自の新機能解説」

 今回は少し視点を変えて、Postgres Plus 9.4が備えたOLTP系、DWH系システムに対応する以下の新機能に関し、弊社が実施した検証結果を交えてご紹介します。

・OLTP系機能

 -HugePages対応
 -WALバッファ書き込みの改善

・DWH系機能

 -ハッシュ・パーティション
 -マテリアライズド・ビューの拡張

・リソース管理

 -リソースマネージャ

 図3:Postgres Plus 9.4が備えたシステム用途別の新機能
図3:Postgres Plus 9.4が備えたシステム用途別の新機能

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 高瀬 洋子(タカセ ヨウコ)

     株式会社アシスト データベース技術本部  アシスト入社後、Oracle Databaseのサポート業務を経て、2009年よりPostgreSQL、EDB Postgresのサービス立ち上げに参画。2017年4月にイギリスから日本へ拠点を戻し、海外イベントで得た情報などを活かしてEDB Postgresの啓蒙活動を担当。

バックナンバー

連載:利用範囲がさらに広がる!Postgres Plus 9.4新機能の全容
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5