Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第2回 企業の経営戦略に必要不可欠な運用管理とは何か?

  2009/10/30 07:00

前回は、運用管理に対するニーズの高まりと、運用管理エンジニアに必要なスキルを習得する手段としての資格試験の有用性について述べた。今回からは、具体的に運用管理に必要な知識を伝授していく。まずは、運用管理の仕事と運用管理ツールについて見てみよう。

そもそもシステムの運用とは

 システムの運用とは何だろう? 私達の身のまわりには実に多くのシステムが動いている。例えば、商品在庫のチェック、顧客情報の管理、はたまた旅費の清算など日々の業務を遂行する上でシステムは必要不可欠な存在だ。その他にも、日常生活で触れるシステムを数えれば限りがない。

 システム運用とは、これらシステムを障害などで停止することなく安定的に稼働させるためのさまざまな行為を意味する。一見すると地味な行為にも思えるだろうが、このシステム運用こそ企業経営にとって重要な位置づけにあるのだ。

 いまや、システムはビジネスと不可分の関係にある。経営者は、市場での競争力を獲得するために、戦略的なシステムを競合他社に先駆けていち早く投入したいと考えている。そのために業務パッケージの導入や個別システムの独自開発を行い、それらを動かすために必要なサーバやネットワークなどを取り揃える。

 しかし、そうした経営的な狙いを達成するためには、当然のことながら導入したシステムが確実に動作することが大前提となる。システムにどれほど大枚を叩いたとしても、日によって動いたり止まったりするようでは意味がない。当たり前のようだが、システムの安定稼働は最も重要な関心事項なのである。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:資格試験で学ぶシステム運用管理者入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5