Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

UMTPモデリング技術セミナーレポート 組込み技術者はなぜ「使える」モデル図が描けないのか?~業界特有の苦悩とその打開策

  2010/03/10 00:00

ソフトウェア開発者をデスマーチから救う鍵となるモデリングは、なぜか組込みソフトウェア業界では今ひとつ普及していません。その理由とはいったい? 株式会社エクスモーションの渡辺博之専務取締役と芳村美紀常務取締役によるセミナーの様子を、本記事読者向けに、再構成してお届けします。

その重要性を頭では理解していても、実践となると難しく感じられるのがモデリングだ。特に、開発現場で試行錯誤しながら製品を作り上げていく組込みソフトウェアの世界では、“動いたもの”をモデルとしてしまいがち。しかし、モデリングを軽視して現状追認を続けていると、いつまでたっても仕事は楽にならない。では、いかにすれば開発の現場で使えるようなモデルが描けるようになるのか。同領域に通じた株式会社エクスモーションの渡辺博之専務取締役と芳村美紀常務取締役によるUMTPモデリング技術セミナーの模様を再構成してお届けする。

 

UMTP(UMLモデリング推進協議会):UML技術者認定試験やモデリング技術の研究や普及を推進するNPO

読者への挑戦!

 突然ですが、クレーンゲームのモデル図を描いてみてください。ボタンでクレーン位置を操作して景品をキャッチするあのゲームです。時間は5分。気楽に描いてみてください。

図1:練習問題
図1:練習問題

 いかがですか? ちょっとここで手を休めてあるモデル図を見てみましょう。

図2:モデリング初心者の山田さんが描いたモデル
図2:モデリング初心者の山田さんが描いたモデル

 実はこれ、モデリング初心者の山田さんが描いたモデルなのですが、彼の先輩から見ると改善の余地があるのだとか。皆さん、どこが問題なのかわかりますか?回答は後ほど。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5