Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

スーパーサーバー「z13」登場、z SystemsこそがIBMの象徴とユーザーが語る

  2015/02/17 06:00

「IBM zNext 2015」の後半のセッションでは、まずは長年z Systemsを活用しているユーザーの事例がリレートーク形式で紹介されるとともに、z13の詳細が紹介された。

z SystemsこそがIBMを象徴するもの

みずほ情報総研 銀行システムグループ共通インフラ事業部第1部 部長 川島 修氏

 「IBM zNext 2015」の後半のセッションでは、まずは長年z Systemsを活用しているユーザーの事例がリレートーク形式で紹介された。みずほフィナンシャルグループにおけるz Systemsの活用事例を紹介したのは、みずほ情報総研 銀行システムグループ共通インフラ事業部第1部 部長の川島 修氏だ。「One MIZUHO」というスローガンを掲げるみずほフィナンシャルグループ。それを支えるIT戦略とIBMのIMS、DB2を含むz Systemsの方向性が一致しているとのことで、今後もOne MIZUHO実現のためにさらなるIBMのサポートを期待していると語った。

ビデオリサーチ インタラクティブ事業戦略室・課長補佐 田村 玄氏

 ビッグデータのリアルタイム分析領域で、今後z SystemsおよびIBM DB2 Analytics Acceleratorの活用を検討しているのがビデオリサーチだ。同社のインタラクティブ事業戦略室・課長補佐の田村 玄氏は、メインフレームに蓄積されているデータを、メインフレーム担当者を介さずにユーザーが自由にリアルタイム分析できる環境の実現に期待を寄せた。

亀田医療情報 代表取締役社長 塚田 智氏

 亀田医療情報 代表取締役社長の塚田 智氏は、病院、医療の分野におけるz Systemsの活用について紹介した。z Systemsには医療分野が求める高機能、高性能、高信頼性があり、塚田氏にとってはz Systemsは最先端のITプラットフォームだと。そしてz SystemsにはIBMの最先端、最高峰のものが詰まっており、z SystemsこそがIBMそのものだとも言う。


関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5