Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「うつ」を防げ!エンジニアという仕事のストレス構造を理解する~台頭するメンタルヘルス問題の背景

2007/08/10 15:00

 ここ2、3年、システム開発の現場における、メンタルヘルスの問題が、急速にクローズアップされつつあります。多くの働き盛りのエンジニアが突然「うつ病」になってしまうのは、なぜなのか? メンタルヘルスは決して個人だけの問題ではありません。この連載ではメンタルヘルス問題への理解を深めるとともに、健康に働くための現代の心のヘルスケアについて考えて行きます。

 今回は、問題の背景と、エンジニアを取り巻く重層的なストレス環境を考察してみます。

名もなきエンジニアのいわく

これ以上病人が出ませんように

開発神社

2年後は医者と職安待っている

(8年前の週刊アスキー)

 まったくエンジニアの警句・名言は鋭いものですね。

 ここでいう「病人」、「医者」というのは癌のことを指しているのではありません。いわずとしれた、「メンタルヘルス」のことです。癌は確かに大変ですが、多くは50~60歳を過ぎて人生の良いも悪いも味わってから、かかるもの。いわば、枯れはじめた頃やってくる病気。そして、うまいこと手術ができれば完治する。

 ところが、今の日本では、20~40歳代という人生上り坂の時期に、多くのビジネスマンが「うつ病」で倒れています。

 特に、ここ2、3年は、システム開発の現場でも、メンタルヘルスの問題が、急速に台頭しつつあります。「3K」職場などといわれ、残業続きの激務にさらされたあげく、担当者が「うつ病」などになり、開発チームが崩壊、プロジェクト頓挫、といったことも実際に起こっています。

 心の病気、とりわけエンジニアに増えているうつ病は、「心の落ち込み」というなまやさしいものではなく、働きたくても働けず、死にたくなるほど辛い病気。実際、自殺の原因のトップはうつ病※1)なのです。

自殺の原因

 警察庁などの自殺の統計資料の発表ではローン、家庭問題などが、直接的な引き金が原因としてあげられていますが、医学的には、自殺のほとんどは、精神病によって正常な判断力が失われて取る行動とみなされ、その7割はうつ病です。

うつ病は割に合わない

 うつ病は薬の進歩で入院せず治るようになったけれど、月単位(多くは3ヶ月以上)で休業しなければなりません。エンジニアにとってみれば、病気を治すための負担と、休業⇒失業という大きな経済的ダメージが生じます。中にはエンジニアの道を断念する人もいるのです。

 ところが、癌ならば手術・入院ということで気の毒がられるけれど、メンタル関係では誤解が多い。

 開発の仕事に孤軍奮闘し、がんばりのあげく過労で発病したというのに…、

  • 「入院もせず自宅療養?」
  • 「また脱走か!」
  • 「落ち込んだだけで辞めるとは、怠けじゃないの?」

 などと思われる。

 まったく、現代社会ではうつ病は割に合わない病気なのです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 鈴木 安名(スズキ ヤスナ)

    (財)労働科学研究所 主任研究員 医学博士(産業医、内科医)。 旭川医科大学卒業。メンタルヘルス研究の成果にもとづき、企業の対策をサポート。著書は「人事・総務担当者のためのメンタルヘルス読本」(財)労働科学研究所出版部など多数。 モットーは「現場のビジネスマンから学ぶ」。 著者のサイト:職場の...

バックナンバー

連載:健康に働きたいエンジニアのためのメンタルヘルス入門
All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5