EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Comとヴイエムウェア、マルチクラウド環境の提供に向け協業拡大へ

  2017/10/30 17:00

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)とヴイエムウェア株式会社は10月30日、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するため、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」に、プライベートクラウドの構築、実行と運用管理を容易にするヴイエムウェアの統合プラットフォーム「VMware Cloud Foundation」を中心としたソリューションを組み合わせ、オンプレミスに構築された顧客の既存システムとシームレスに接続可能なマルチクラウドサービスの提供に向け、協業範囲の拡大することを発表した。

本会見に出席したNTTコミュニケーションズ株式会社  取締役 クラウドサービス部長 森林 正彰氏、
VMware, Inc. 最高経営責任者 パット・ゲルシンガー氏、VMware, Inc. クラウド・ネットワーキング担当 
最高技術責任者 グイド・アッペンツェラー氏(写真左から)

 両社の協業を通じて、NTT Comは、VMwareベースで構成された既存システムをクラウド上に容易に展開可能な専有型クラウドや共有型クラウドを、2017年度第4四半期(2018年1月~3月)より国内、グローバルに順次、提供する。

協業による「Enterprise Cloud」の主なサービス提供内容

主なユースケース

 両社は、これまでも2007年から企業向けクラウドサービス提供において協業を進めてきた。今回の協業範囲の拡大により、NTT Comとヴイエムウェアは、両社の保持するプロダクトを組合せ、企業がオンプレミスで構築した既存システムと「Enterprise Cloud」のシームレスな連携を強化していくとしている。

●ヴイエムウェアとの協業拡大による「Enterprise Cloud」での主なサービス提供内容

  • VMware Cloud Foundationによる専有型クラウドの提供
  • VMware vCloud Directorを活用した共有型クラウドの提供
  • VMware vCloud Availability for vCloud Directorを活用したウォームマイグレーションサービスの提供

 また、今後両社は、プロアクティブなセキュリティ管理を可能とするために、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」とNTT Comが提供するセキュリティサービスとの連携を検討。その他にも、NTT Comの提供するICT環境可視化ツール「Cloud Management Platform (CMP)」とヴイエムウェアのVMware Cloud Servicesとの連携など、企業のデジタルトランスフォーメーションの加速に貢献していくとしている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5