SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

プログラミングファスト、クラウド移行・運用サービス「ReviveOps on AWS」を提供開始

 クラウド移行・運用サービス「ReviveOps on AWS」は、システム管理者の退職や慢性的な人員不足などさまざまな理由により継続困難に陥っているシステム運用(Operations)を企業の独自アプリケーションのソースコードごと預かり、立て直す(Revive)サービスになる。

 具体的には、サーバー環境のクラウド(AWS)移行・移行後のセキュリティ強化と運用保守に加え、アプリケーションのレイヤにわたる運用保守・追加機能開発を請け負い、企業の継続性なシステム活用を支援する。

 「ReviveOps on AWS」の主な特徴は次のとおり。

 (1) クラウド(AWS)の利点を生かしたサーバー環境構築

  • システムダウンしにくい冗長化構成への変更
  • ミドルウェアなどの環境を最新版に更新
  • OSS活用でコストを抑制しながらのセキュリティ強化

 (2) 継続開発と運用のPDCAを実現する環境整備

  • ソースコードの把握とバージョン管理
  • 対応内容のチケットシステムへの記録と共有
  • 開発環境、テスト環境、ステージング環境、ビルドサーバーなどの整備

 (3) 独自アプリケーションのバグ修正、機能追加にも対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10033 2017/11/02 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング