SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エーピーコミュニケーションズ、ファイアウォールのポリシーテスト自動化アプライアンスに新機能追加

 「NEEDLEWORK」は、ファイアウォールの通信テストを自動で実施することができる小型のアプライアンスで、テストは全て本製品が自動処理するため、人的ミスを減少させるとともに、通信テストに携わるエンジニアにとって大きな負担となっていたテスト工数を大幅に削減するという。機器本体と管理コンソールだけでファイアウォールの通信テストができるため、テスト環境を構築する時間も不要になる。

 Version 2.1.0での追加機能は次のとおり。

 ・送信元NATアドレス確認機能

 通信テスト時の判断基準として、送信元NATアドレスの指定が可能になっ。これにより送信元IPアドレスが指定したIPアドレスに変換されていることを確認できる。

 この機能により、次のようなファイアウォールの問題を通信テスト時に発見可能になる。

  • 意図しないIPアドレスで送信元NATされている
  • 送信元NAT設定がされてない

 ・オフラインアップデート機能

 従来のバージョンでは、本体機器ファームウェアのアップデートはオンライン(本体機器をLAN等に接続)で実施する必要があった。新バージョンでは、オフライン(アップデート用ファイルをPCにダウンロードし、管理コンソール経由でアップロード)でのアップデートが可能になり、本体機器を社内等のLANに接続せずに実施することが可能になった。

 なお、同社では「テスト速度の高速化 ・機器状態ログ確認機能」「パケットキャプチャ機能」なども今後実装する予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10358 2018/02/02 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング