SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「Pivotal Cloud Foundry 2.0」発表、Kubernetesによるワークロード管理強化

Pivotalジャパン カントリーマネージャ 正井拓己氏/リードプラットフォームアーキテクト 市村友寛氏

 Cloud FoundryはオープンソースのPaaSソフトウェアとして非営利団体「Cloud Foundry Foundation」が推進してきた。そのコアメンバー企業であるPivotalは有償ディストリビューション「Pivotal Cloud Foundry」を提供している。同社が推進する企業のデジタルトランスフォーション支援のための主軸製品と位置づけている。

 今回、Pivotalは「Pivotal Cloud Foundry」(以下、PCF)を同社のアプリケーションとフレームワークの総称と変更し、従来のCloud Foundryのコア部分を「PAS:Pivotal Application Service」、「PKS:Pivotal Container Service(KはContainerのKubernetesを意味)」「PFS:Pivotal Fuction Service」の3つの体系にリブランディングした。このうち「PFS」は2018年内のリリースとなる。

 

 同社カントリーマネージャの正井拓己氏は、PCFがインターネットやIT企業だけでなく、非テクノロジー企業、さらにはエンドユーザー部門にも拡大していると述べ、クラウドワークロードの統合運用管理のニーズに応えているとアピールした。

 PCF2.0の開発背景としてはコンテナ管理ツールKubernetesが標準化したことによる、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境での運用が浸透してきたことだという。 Cloud Foundryでは、これまでマイクロサービスなどのクラウドネイティブなアプリケーションには適していたが、オンプレミスのレガシーアプリケーションには十分に対応できていなかった。今回の新バージョンで、さらにクラウドとオンプレミスのワークロードの統一的な管理が可能になったという。

 

 「PAS」の新機能としては、「Windows Server 2016のコンテナのサポート」、「Azure Stackのサポート」「運用管理者向けダッシュボードHealthwatch」「NSX-Tとの統合」「統合開発環境Spring Tool Suite、Visual Studio、GitHubのAtom向けのプラグイン」など。

 「PKS」ではKubernetesのサポートを強化し、Google Container Engine(GKE)への適合性を常に維持するとともに、オンデマンドプロビジョニング、構成管理基盤「BOSH」による自動運用性なども強化されている。

 

 Kubernetes運用上の問題点を克服したPCF2.0により、開発生産性、運用生産性を高め、適用領域を拡大するとともに、昨年発表したTIS、NTTデータなどのビジネスパートナーも今後さらに強化するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10484 2018/03/09 16:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング