SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東レシステムセンター、クラウディアンのオブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」を採用し安定運用を実現

 「HYPERSTORE」は、国内外のクラウドサービスやエンタープライズITにおける大量データを保存するストレージを構築するソフトウェア製品で、標準的で汎用的なサーバをハードウェアに使う。数十テラバイト程度の小規模から始め、データ量の増加とともにハードウェアを追加していくだけで、ストレージシステム全体の容量を無制限に拡張できるという特徴を持つ。

 そのため、特に24時間365日間、機械が生成するIoTのデータ、ディープラーニングのようなAI(人工知能)の認識精度を高めるための学習用データ、4K/8Kといった高精細・高解像度化する映像や画像データなど、新たに大量生成されるデータを経済的に、長期間、安全に保管するために適しているという。

 東レグループは、研究・開発や製造の過程において膨大なデータを生成しており、増加し続けているという。東レシステムセンターでは、それらを確実に保護していくためには、これまで以上にコストパフォーマンスがよい巨大なストレージが必要になると考えていた。複数の製品を比較の結果、クラウドで高い実績を誇るAmazon S3 APIとの互換性が圧倒的に高く、容量に上限がなく、単一障害点のない分散アーキテクチャである点を特に高く評価し、オブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」を採用した。

 これまで東レシステムセンターでは、容量制限を設けずに社員のデータを保存できるオンラインストレージのようなファイル共有アプリケーションやファイルサーバーのストレージとして「HYPERSTORE」を使い、安定的に運用してきた。

 また、「HYPERSTORE」のCRR(クロスリージョンレプリケーション)機能を使い、パブリッククラウドであるAmazon S3にデータを自動複製するDR(災害復旧)対策も同時に実現した。今後は、従来のNASでは対応しきれないAI、IoT、ビッグデータをも扱う共通ストレージ基盤へと利用を拡張していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10504 2018/03/16 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング