SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、デジタルトランスフォーメーションを加速するデータ分析プラットフォームとプロフェショナルサービスを提供

 「Data Platform for Hadoop」は通信業、金融業、製造業などに導入され、新たなビジネスモデルや商品の開発において成果を上げているという。今回強化された製品と新サービスは、データの収集~蓄積/処理~分析までの一連の機能と性能を事前検証済のため、短い期間で企業のデジタルトランスフォーメーションを加速する最適なプラットフォームを提供するとしている。

「Data Platform for Hadoop」の強化ポイント

新機能・サービスの特徴

 1. AIによるデータ分析など「Data Platform for Hadoop」の機能を強化

 大規模データの分散並列処理による高度な分析、構造化データ・非構造化データの一元管理を実現する、現在提供中の「データ蓄積・処理」機能に加え、新たに「データ収集」機能や、AIエンジンなどを活用した「データ分析」機能を提供。これにより、データ収集~蓄積/処理~分析までが一連となった分析基盤の容易な導入が実現できる。

 ・データ収集:多様なデータ(リレーショナル・データベースのデータやログなどのストリームデータなど)を容易かつセキュアに取込み、蓄積やリアルタイム処理のデータフロー設計も行う。

 ・データ分析:オープンソースのAIエンジンを活用し、顧客の特長・用途に応じたデータ分析を行う。また、今後NECの最先端技術群「NEC the WISE」の分析エンジンとも連携し、顧客への提供価値を高めていく。 (データ分析例:顧客の特長に応じた各種提案など)

 2. 速やかな導入を実現する「データインテグレーション・分析サービス」

 現在提供中の「データプラットフォームサービス」と「最適システムメンテナンスサービス」に加え、新たに「データインテグレーション・分析サービス」を提供開始。このサービスは、「Data Platform for Hadoop」のリファレンスアーキテクチャーを元に、顧客のニーズに合わせ速やかに最適なシステムを導入。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10572 2018/04/03 14:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング