SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デジタルハーツ、NTT東日本と協業しセキュリティのトータルサポートサービス「DH Secure」を提供開始

 「DH Secure」では、負荷診断や脆弱性診断等の既存サービスに加え、NTT東日本より光回線、ネットワークセキュリティ商材の「おまかせサイバーみまもり」、および総合的端末セキュリティ商材の「おまかせアンチウイルス」の提供を受け、企業の回線開通からセキュリティ運用までを支援するソリューションサービスが実現した。 

■「DH Secure」の提供サービス

 1. ネット回線販売「DH Secure 光」:「フレッツ光」を提供するNTT東日本より提供を受けた光回線を利用可能

 2. 不正侵入対策「SECURITY Gate Keeper」:ネットワークを常時監視。不正通信検知などの有事の際は復旧支援も対応

 3. 負荷診断サービス:ログの調査や簡単なボトルネック分析まで性能に関するトータルコンサルティングを 実施

 4. 外部脆弱性診断サービス:システムに内在する脆弱性の有無を調査し、検出された問題点への対応方法を提案

 5. 社内IT資産脆弱性診断サービス:自社対応では困難な定期的かつ継続的な社内ITシステムの脆弱性の自動スキャン・管理を実施

 6. エンドポイント対策「SECURITY Client Keeper」:複数台の端末を一括管理できるウィルス対策に、監視設定・サポートも対応

 7. 情報システムサポートサービス:IT機器の資産管理、構築、運用を専門エンジニアに必要なときに必要なだけアウト ソースが可能

■「DH Secure」3つの特徴

 ・不正侵入対策、外部脆弱性診断、社内IT資産脆弱性診断、エンドポイントセキュリ ティ対策といった一連のセキュリティ対策を網羅

 ・デジタルハーツの専門人材がセキュリティコンサルティングを実施、企業ごとに最適なサービスをカスタマイズし提案

 ・回線開通や運用サポートなど、セキュリティの範囲を超えて情報システム機能を完全サポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10666 2018/04/24 17:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング