SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データコントロール、MDMソリューションとオンプレミス環境を連携するクラウドゲートウェイサービスを販売開始

 「Workspace ONE(AirWatch)」では、特定モバイルデバイスで特定アプリケーションのみをクラウドや社内サーバーへアクセスさせたいなど、モバイル環境においても社内と同等の業務環境を用意するためには、VMware社が提供するゲートウェイサーバーの導入が必要となる。従来、システム管理者はオンプレミス環境にサーバーを構築し、運用開始後はOSのセキュリティパッチの適用や障害対応作業も行わなくてはならなかった。

 今回販売を開始した「Workspace Gate」は、「Workspace ONE(AirWatch)」と同様に「VMware Tunnel」「Content Gateway」などのゲートウェイサーバーを、Azure/AWSなどのクラウド上に短期間で構築、障害対応やソフトウェア、OSのアップデートなどの運用までをワンストップで提供するクラウドサービスで、システム管理者の負担を大幅に軽減するという。

 提供されるサービスは次のとおり。

 ・Workspace Gate構築サービス:企業システムとの連携に必要なゲートウェイサーバーをクラウド上に構築

 ・Workspace Gate運用サービス:ゲートウェイサーバーの障害および性能監視、障害時復旧対応、緊急パッチ適用、アップデートプログラムインストールなどの作業を行う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10667 2018/04/25 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング