SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AWS、機械学習モデルを構築・学習・展開・管理できる「Amazon SageMaker」を東京リージョンで提供開始

 「Amazon SageMaker」は、機械学習プロセスの各段階の手間のかかる作業と推測で行う作業を取り除くフルマネージドサービス。プレビルドの開発ノートブック、ペタバイト規模のデータセット向けに最適化された一般的な機械学習アルゴリズム、自動的なモデルチューニング機能を提供することで、モデルを容易に構築し、学習を行うことができるという。

 また、モデルの学習とモデルを利用した予測のための推論を実行するインフラストラクチャのプロビジョニングと管理を自動化することで、学習プロセスを劇的に簡素化し、高速化するという。

 「Amazon SageMaker」により、開発者は以下のことが可能になるという。

 ・パフォーマンスに最適化されたアルゴリズムで機械学習モデルを容易に開発

 Amazon SageMakerのフルマネージド機械学習ノートブック環境により、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)に保存しているデータを容易に検証、視覚化し、一般的なライブラリやフレームワーク、インターフェースを使用して変換することができる。

 Amazon SageMakerには、最もよく使用されるディープラーニングアルゴリズムが含まれ、標準的な実装に比べて最大10倍高速に実装できるように最適化されている。開発者は好きなアルゴリズムを選択し、データソースを特定するだけで、後はAmazon SageMakerが必要なドライバーとフレームワークをインストールし、構成してくれる。

 また、TensorFlowやApache MXNetとのネイティブ統合に加えて、PythonベースのChainerに対応した。Amazon Elastic Container Registry(ECR)上のコンテナにアップロードすることで、必要なフレームワークやアルゴリズムを指定することもできる。

 ・高速かつフルマネージドな学習

 Amazon SageMakerにより、モデルを簡単に学習させることができる。Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスの種類と数量を選択し、データの場所を指定するだけで、後はAmazon SageMakerが自動的に分散コンピュートクラスタをセットアップし、学習を行い、Amazon S3に結果を出力し、終了したらクラスタを解体してくれる。

 ・ワンクリックで学習モデルを展開

 Amazon SageMakerは、高いスループットで低遅延の予測をし、複数のアベイラビリティゾーンにまたがってAmazon EC2インスタンスが自動的に拡張されるアプリケーションのための、インスタンスのローンチ、モデルの展開、セキュアなHTTPSエンドポイントの設定を自動で行う。

 また、A/Bテストのネイティブサポートも提供。一度、学習モデルを稼働した後は、機械学習インフラストラクチャの管理に関連する手間のかかる作業をなくし、ヘルスチェックの実施、セキュリティパッチの適用、その他のルーティンメンテナンスを自動で実施してくれる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10811 2018/06/01 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング