EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アイ・ユー・ケイ、ハイブリッドクラウドでの運用統合に対応した統合監視システム「Monarch 1.5」をリリース

  2018/10/15 14:00

 アイ・ユー・ケイは、ハイブリッドクラウド環境での運用統合に対応した統合監視システム「Monarch 1.5」を10月15日にリリースしたことを発表した。

 「Monarch」は、2016年に次世代監視システムとしてリリースされたが、今回の「Monarch 1.5」は、パブリッククラウドサービスAmazon Web Services(AWS)での運用統合に対応した監視機能を追加し、画面の視認性・操作性やパフォーマンスを改善した。

 アイ・ユー・ケイは、今後も監視できるクラウドサービスを随時追加し、オンプレミスやクラウドの区別なく、すべてのICTシステムの一元管理を可能にし、運用業務の簡素化、最適化の実現をめざすとしている。

「Monarch1.5」の特徴

 ・AWS内で発生した各種アラートの管理機能

 AWS内の機能(Amazon EC2 Auto Scaling、Amazon CloudWatch等)で検出した各種アラートと連携し、「Monarch」がAWS上の異常をイベントとして検知できるようになった。また、アラートを管理するための監視テンプレートも搭載。これにより、 オンプレミスとクラウドを連携したシステム全体の統合監視が、これまでより簡単に素早く実現できる。

 ・監視対象種別の拡張と自動設定機能の画面表示

 監視対象機器からの収集情報を元に自動的に監視対象機器の種別アイコンの割り当てを行う。サーバやネットワーク機器の種類だけでなく、サーバのOS種類やネットワーク機器の対象レイヤまで画面上から一目で把握することができる。

 ・操作性の改善

 「Monarch」導入先企業での実際の運用結果をもとに、操作性、運用容易性、安定性、パフォーマンスなどに関する多数の改善を含んでいる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5