SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

MKI、約40か国にまたがる三井物産の海外拠点基幹システムの「SAP S/4HANA」への大規模移行プロジェクトを開始

 2000年の導入以来、国内外の拠点でSAP ERPを基幹システムに利用してきた三井物産は、2025年の現行ERP製品保守期限到来に先駆けたシステム刷新の第1弾として、海外拠点のSAP ERPをSAP S/4HANAへ移行することを決めた。

 グローバルで約40か国・約3,500ユーザが利用するシステムを移行するプロジェクトは、SAP S/4HANAへの移行としては大規模なものとなるが、従前より同社基幹システムの構築、保守・運用を担ってきたMKIが主体となり、SAPが提供する最上位のサポートサービスのSAP MaxAttentionと共に約1年の期間での効率的な移行を目指すとしている。

移行概要図

 今回のプロジェクトでは、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行にあわせ、現在SAP ERPと別サーバで稼働中のSAP Business Warehouseとワークフローシステムを、SAP S/4HANAと同一サーバ上に統合し、UIもSAP Fioriを採用する。

 これによりスピード感のある経営判断に欠かせないリアルタイム分析が可能となり、同時にシステムのシンプル化による業務の効率化・自動化や、保守運用費用の低減を実現するという。また、SAP S/4HANAサーバやデータベースをすべてクラウド上へ移行し、柔軟性・拡張性を確保することで、将来の新機能や外部サービスの導入が容易となりシステムの継続的な進化に貢献するという。

 三井物産の現行システムのアドオン機能は、必要性を再整理した上で、システムコンバージョン方式で移行・継続利用可能とし、エンドユーザの負担を最小限としたシステムを構築する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11471 2018/12/03 13:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング