SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アスク、NVIDIA GPUを活用したビックデータ向けのデータベース「OmniSci」の取り扱いを開始

 「OmniSci」プラットフォームは、今日のビッグデータの規模、必要な処理速度、および位置データの豊富な属性表示などの課題に対してスケーラビリティとパフォーマンスの限界を克服するように設計された。

 既存のツールは、これらの面で今日のビッグデータ解析用途には限界を迎えているという。「OmniSci」は、MIT起源の画期的なテクノロジーで、並外れたパフォーマンスを実現するために、GPUの大規模並列処理と従来のCPUコンピューティングを併用するように設計されている。

「OmniSciDB」:オープンソースのSQLエンジン

 このプラットフォームの基盤となるのは、オープンソースのGPU高速分析データベースである「OmniSciDB」。「OmniSciDB」は、GPUの並列処理能力を利用し、数十億行のテーブルでもSQLクエリの結果をミリ秒単位で返す。

 「OmniSciDB」は、ネイティブSQLのサポート、迅速なクエリのコンパイル、クエリのベクトル化、および高度な3層メモリ管理の組み合わせにより、その高度なビッグデータ分析パフォーマンスを実現する。

「OmniSci Render」:サーバーサイド・ビジュアルレンダリング

 「OmniSci Render」は、大量のポイントマップデータ、散布図、ポリゴン表示をレンダリングするために設計されたサーバーサイドエンジン。これにより、ユーザーは複雑なビジュアライゼーションによる対話的データ探索などが可能になる。地理空間の視覚化では、VegaレンダリングエンジンAPIを使用して、最大数十億のポイント、線、またはポリゴンの視覚化処理に対応。

「OmniSci Immerse」:対話的でビジュアルなアナリティクス

 「OmniSci Immerse」は、Webベースのデータ視覚化インタフェースで、「OmniSciDB」と「OmniSci Render」のGPUによる高速化とレンダリング機能を活用して、比類のないビジュアルでかつ対話的な操作を実現。

 「OmniSci Immerse」は、非常に直感的で使いやすく、折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフなどの標準的なツールだけでなく、ジオポイントマップ、ジオヒートマップ、コロプレス、散布図などの複雑なデータ表現も提供。ダッシュボードは、データと対話するときに自動的にクロスフィルタリングし、待ち時間ゼロで更新される。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12432 2019/09/09 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング