SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ジール、独自クラウド型データ分析プラットフォーム「Zeal Enterprise-data Unified Service」を販売開始

 2018年に経済産業省により定義された「DX推進ガイドライン」によると、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」としている。

 そこでジールは、企業がDX時代を生き抜くために、これまでのデータ分析で培ってきた知識や経験、またそれに加え、先端の技術を駆使して、企業価値向上の寄与できればとの考えのもと「ZEUS」を開発したという。また、「ZEUS」の中核となる技術には、エンタープライズ・ソフトウェア・プラットフォームの大手プロバイダーMicroStrategy社のプラットフォームを採用している。

 「ZEUS」は、DX時代を生き抜くための企業価値向上をコンセプトとして、「分析をより身近に」感じられるようにと、今まで以上に「簡単に」、そして「安価に」分析ができることを目指すとしている。

「ZEUS」が提供するメリット

  • データ分析基盤管理や運用をより簡素化し企業の負担をなくす
  • 各企業がデータ活用に割ける時間を最大化する
  • SI開発におけるリソース不足を解消
  • ITリテラシーがなくても簡単に利用できる
  • SaaSによる提供のため、資産を持つ必要がない
  • クラウド基盤を採用しているため、変化(データ量やリソースなど)に柔軟対応
  • 多くのデータソースに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12495 2019/09/27 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング