SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT com、閉域網で「ServiceNow」の利用を可能にするサービス提供を開始

 同サービスは、サービスマネジメントツール「ServiceNow」とユーザのICT環境を閉域で接続する世界初サービスという。NTT Comの企業向けVPNサービス「Arcstar Universal One(L3)」と併用することで、インターネット通信よりもセキュアで安定した環境での「ServiceNow」利用を実現する。

 ServiceNowが提供するSaaS型サービスマネジメントツール「ServiceNow」は、ビジネスプロセスをワークフローとして可視化、編集でき、広範な業務に適用できる柔軟性などが支持され、グローバルで採用が進む。それに伴い、データのやり取りをセキュアに行いたいというニーズが高まっているという。そこで同サービスでは、組織のセキュリティポリシー上、インターネット経由ではクラウドサービスを利用できないユーザなどに「ServiceNow」へVPNで直接接続を可能とする機能を提供する。

 同サービスは「ServiceNow」のサブスクリプション契約とVPN接続をセットにしたメニューのため、利用環境をワンストップで導入可能。すでに「ServiceNow」を利用中のユーザはVPN接続機能のみの提供も行うという。帯域幅は100Mbps/500Mbps/1Gbpsから選択可能。「ServiceNow」およびVPN接続機器の両方について、東日本地域と西日本地域のデータセンターに同等の設備をおきBCP/ DR対策としても高い可用性を発揮するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12618 2019/11/26 20:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング