EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

帝国データバンクの企業情報データベースとSAPのERPが連携、迅速な与信判断が可能に

  2020/03/25 12:00

 帝国データバンク、SAPジャパン、BASFジャパンは、SAPが提供するERP向けの「SAP Credit Management」サービスと、帝国データバンクが提供する企業情報データベースとのAPI連携を可能にし、与信判断の大幅な効率化を実現したことを、3月24日に発表した。BASFジャパンは、同サービスの利用を4月に開始する。

 今回の協業によって、SAPのERP製品である「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP ERP」のユーザーは、ビジネスパートナーの信用度や支払履歴を管理する「SAP Credit Management」サービスと、帝国データバンクの「COSMOSNET API」を利用して、国内最大級の企業情報データベースにアクセスできるようになる。

 「SAP Credit Management」サービスで一元管理される情報に、調達先や取引先企業に対して帝国データバンクが保有する業績や評点など、リアルタイムで精度の高い情報を付加することで、効率的な与信管理を実現する。

 BASFジャパンでは、これまで帝国データバンクのデータベースから企業情報を取得して、社内で使用しているSAPベースの与信管理システムに手作業で反映させる必要があったことから、同社はSAPジャパンと帝国データバンクのシステム連携を目指した共同プロジェクトを開始。3社の協力により、BASFジャパンにとって最適な仕様が実現した。

 なお、今回の連携では、帝国データバンクの企業データベース「COSMOS2」のデータを、「SAP Cloud for Credit Integration」アプリ内にXMLフォーマットで保存することが可能になる。さらに帝国データバンクの評点・設立年月・業績情報・代表者情報といったターゲットデータ項目を「SAP Credit Management」に転送して、自動的に「SAP Credit Management」の機能の1つである外部データや内部データに基づくスコアリングに利用できる。

「SAP Credit Management」と「COSMOS2」の連携イメージ

「SAP Credit Management」と「COSMOS2」の連携イメージ

 「SAP Credit Management」は、XMLフォーマットに含まれるすべての項目の確認に対応しており、与信管理担当者は「SAP Credit Management」からワンクリックで詳細データへのアクセスが可能になっている。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5