EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、官庁向けに各種クラウドサービスの提供を開始、第1弾は閉域網によるマルチクラウド接続サービス

  2020/06/03 19:00

 日本電気(NEC)は、日本政府向けのクラウド事業を強化し、クラウド活用に関わる各種サービスの提供を7月に開始する。

 第1弾として、官庁および関連機関がAmazon Web ServicesやMicrosoft Azureといったパブリッククラウドを安全に利用可能にするため、マルチクラウドに対応した閉域網による接続サービスを提供する。

官庁向けクラウドサービスの概要
官庁向けクラウドサービスの概要

 同サービスでは、オンプレミス環境とパブリッククラウド環境を、閉域回線で高可用に接続する。あらかじめ設計・構築済の環境を用意することで、簡易かつ少ないコストでパブリッククラウドに接続できる。

 第2弾としては、同社のクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を強化し、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度に対応。同時に、FedRAMP Moderate相当のセキュリティにも対応して、ネットワークを含むセキュアな環境の提供が可能なクラウド基盤サービスとして11月から提供する。

 さらに、米ServiceNowと契約を締結し、同社が提供する運用管理ソリューションを、ユーザーのセキュリティ要件に合わせてパブリッククラウドだけでなく、官庁向けクラウド環境を含むさまざまなマルチクラウド環境で利用できるサービスの提供も行う。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5