EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オープンソース統合監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 5.0」を搭載した5製品を発売

  2020/06/09 09:00

オープンソース統合監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 5.0」を搭載した5製品を発売

 Zabbix Japanは、6月8日、オープンソース統合監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 5.0」を搭載したハードウェアアプライアンスと仮想アプライアンスを発売した。製品名は、ハードウェアアプライアンスが「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5500」「ZS-7500」「ZP-1500」、仮想アプライアンスが「ZS-V500」「ZP-V500」となる。

Zabbix Enterprise Appliance ZS-5500/ZS-7500
Zabbix Enterprise Appliance ZS-5500/ZS-7500

 今回発売された製品では、「Zabbix 5.0」の新機能が利用できる。さらに、同社がこれまで培ってきたシステム監視の技術と経験によって、データベースやOSに最適なチューニングが行われるとともに、データベースのパーティショニングも実施され、安定して利用可能なセットアップが行われている。

 監視をスムーズかつ安定して行えるよう、以下の周辺ソフトウェアを標準搭載しているので、監視をすぐに始められる。

  • システムを容易に設定するための専用のシステム管理Webインターフェース
  • 監視設定のバックアップツール
  • アクティブ-アクティブ冗長化構成のための監視設定同期ツール
  • SNMPトラップの受信とログ出力ソフトウェア
  • 監視のための通信の安定化のためのDNSキャッシュや通信設定
  • Zabbixやミドルウェア、システムソフトウェアを一括アップデート管理できるファームウェアシステム

     ハードウェアアプライアンスの本体価格は、「ZS-7500」が49万8000円、「ZS-5500」が29万8000円、「ZP-1500」が14万9000円。保守費用は、「ZS-7500」「ZS-5500」が10万円、「ZP-1500」が3万円(いずれも税別)。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5