EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アリババクラウド、2021年3月31日までに世界で5000人の技術者採用を目指す

  2020/06/10 19:00

 中国のアリババクラウドは2021年3月31日を目途に、世界で新たに5000人規模での採用を目指すと発表した。採用するのは、ネットワーク、データベース、サーバ、チップ、AIといった分野の技術者となる。

 この取り組みは、同社が次世代データセンターの設置を目的に、今後3年間で2000億元(約3兆円)をクラウド事業に追加投資を計画した、4月の発表に続くものとなる。

 アリババは、人材開発と最先端の研究に長年取り組んでおり、2017年にはアリババDAMOアカデミーを設立して世界中の人材を採用。マシン・インテリジェンス、ビジョン・コンピューティング、自然言語処理、ヒューマン・マシン・インタラクション、IoT、フィンテックといった分野における基礎的な技術研究に取り組んでいる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5