EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NRI、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を世界初採用

  2020/07/10 11:00

 日本オラクルは、野村総合研究所(NRI)が「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を採用したことを、7月9日に発表した。

 野村総合研究所は、同製品を金融、小売、流通などさまざまな業種向けに展開するミッションクリティカルかつ大規模なビジネスプラットフォームの運用クラウド環境として採用。第1フェーズとして、金融業向けSaaS型ソリューションのオンプレミス環境から、野村総合研究所のデータセンターに設置された「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」への移行を開始する。

 今回の導入によって、野村総合研究所は自社のデータセンター内で統制を保ちつつ、オラクルから第2世代パブリッククラウドで提供される全サービスを利用できる。なお、野村総合研究所における「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」の採用は、世界初となる。

 オラクルは今回、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」として、「Oracle Cloud Infrastructure」のリージョンを顧客内データセンターに設置する新しい提供形態を発表した。これにより、顧客が築いている統制を担保しつつ、ベアメタルコンピューティング、VMおよびGPU、「Oracle Autonomous Database」「Oracle Exadata Cloud」といったオラクルの第2世代クラウド・サービス、「Oracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetes」などのコンテナ・ベースのサービス、「Oracle Data Flow」をはじめとする分析サービスなど、オラクルのすべてのクラウド・サービスが利用可能になる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5