EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、「DXラボ」開設でオンライン上でのDX支援を実施

  2020/12/21 17:00

 日立ソリューションズは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業に向けて、「日立ソリューションズ DXラボ(以下、DXラボ)」を12月22日からオンライン上に開設することを発表した。

 DXラボは、同社が対面にて行ってきた顧客との協創活動をオンライン上で再現したものだという。

「日立ソリューションズ DXラボ」の特長

1.DX推進の豊富な経験を持つコンサルタントによる伴走

 コンサルタントが、アイデア創出から仮説構築、価値検証、ビジネスモデル構築までの一連のプロセスを伴走し、必要な推進プロセスや検討の観点を整理しながらDXを進める。

 具体的には、最新のデジタルトレンドやベンチャー企業情報などから、企業を取り巻く状況を分析し、推進プロセスを提案。アンケートによる意見収集やヒアリングでの意見の深堀りなど、プロセスに応じた手段で検討の観点を分析し、DXの課題を探索するとしている。

2.プロトタイプによる利用者視点での価値検証を支援

 アジャイル開発手法を活用して、アイデアのプロトタイプを短期間で作成する。この価値検証を繰り返すプロセスにより、UX(ユーザーエクスペリエンス)向上を図り、アイデアの質を高めることを支援するという。

3.オンラインツールを活用したスピーディなDX推進

 対面で実施してきた議論やアイデア発想の場に対して、オンラインツールを活用することで、場所や時間の制約によらずアイデアをスピーディーに収集することが可能になるとしている。また、オンラインホワイトボードを活用したワークショップにより、アイデアや議論を速やかにデータ化して分析することができるという。

「日立ソリューションズ DXラボ」のイメージ
「日立ソリューションズ DXラボ」のイメージ
[画像クリックで拡大]

【関連記事】
日立、電子契約ソリューションを発売 APIによるデータ連携で負担軽減
レッドハット、OpenShiftの認定取得を支援 日立や富士通などが賛同パートナーとして表明
日立システムズ、グループ事業体制を再編 2021年4月1日付で合併実施へ
日立、トヨタの次世代コールセンター実現を支援 通話内容テキストを自動要約
日立開発のPBI、顔認証本人確認システムに活用 沖縄県の医療機関において有用性を検証へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5