SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Palo Alto Networks、Expanseを買収完了

 Palo Alto Networksは、攻撃対象領域を管理するソリューションを提供しているExpanseの買収を完了したことを発表した。

 Expanseのソリューションは、公開されている資産を継続的にスキャンすることで、セキュリティに独自の可視性をもたらすという。たとえば、インターネット全体で公開されているサーバーをスキャンし、アウトバウンド通信の挙動を分析することで、脅威の侵入を検出することも可能だとしている。

 Palo Alto NetworksのCortex製品群とExpanseのインターネット収集データ、属性データを統合することで、攻撃対象領域を危険にさらす可能性のある、公開または把握できていない外部資産に対してCortexの機能が拡張されるという。

 Palo Alto Networksの会長兼CEOであるニケシュ・アローラ(Nikesh Arora)氏は、「Expanseを正式にPalo Alto Networksの一員に迎えることができ、大変嬉しく思います。SolarWindsの脆弱性により、企業は改めて攻撃対象領域の拡大と脅威の高度化に直面していることを認識しました。Expanseの機能をPalo Alto Networks のCortexに統合することで、攻撃対象領域の管理から脅威の検出、さらに対処までをカバーする業界初の総合的なソリューションを提供することが可能となります。両社が手を取ることで、CISOやセキュリティ運用チームは、あらゆるセキュリティ脅威に対して能動的に対処できます」と述べている。

【関連記事】
マクニカソリューションズ、Palo Alto Networksと連携で企業のDevOps実践を支援
パロアルトネットワークス、業界最大級のサイバーセキュリティカンファレンスを開催 AWSとの対談も公開
パロアルトネットワークス、機械学習を搭載した次世代ファイアウォールを発表 PAN-OS 10.0で実現
パロアルトネットワークス、新型コロナ対策におけるテレワークの実態調査結果を発表
セキュリティオペレーションの高度化や効率化への3ステップ ─ パロアルトネットワークス染谷氏

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13775 2020/12/23 19:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング