EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

LINE、クラウド型AI-OCR「CLOVA OCR Reader」提供へ

  2021/01/18 17:10

 LINEは、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、「CLOVA OCR Reader」の提供を1月18日より開始したことを発表した。

 CLOVA OCRは、書類・画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービスである。昨年9月には、各種会計書類の読み込みに特化した「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」と「CLOVA OCR(請求書特化型)」の提供をスタートしている。

 新サービスCLOVA OCR Readerは、紙帳票やPDFなどを読み取るだけで、アップロードから、データ出力・システム連携まで利用可能なクラウドアプリケーションだという。システムへの組み込みや、新たなソフトウェア開発などをすることなく、導入後すぐに利用できるとしている。

 CLOVA OCR Readerの特徴

開発不要で、導入後すぐにOCRを利用可能

 CLOVA OCR Readerは、システム開発が一切不要なため、経理・総務職などの非エンジニアでも簡単に利用可能だという。また、システムの開発に時間がかからないため、導入後すぐに利用できるとしている。

[画像クリックで拡大]
アップロードから出力まで、画面上で簡単操作

 紙帳票やPDFのアップロードから、データ出力・システム連携までを、画面上で行うことができる。また、認識結果の確認/編集などの操作も画面上で直感的に行うことが可能だという。

初期費用の必要がなく、低価格での導入・運用が可能

 導入の際の初期費用は不要。またCLOVA OCRは、1枚当たりでの費用換算になるため、ランニングコストが想定しやすく、項目数が多い大量の書類の読み取りを自動化する場合でも、低価格でOCRの導入が可能だとしている。

【関連記事】
Salesforceと明治安田生命、LINE WORKS活用のためシステムを共同構築
日立システムズ、愛知県内の42団体にLGWANを活用したAI-OCR提供
IBM、AI-OCRシステムで三井住友信託銀行の業務を自動化 約45%の処理時間の短縮を実現

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5